松重豊、若手バイプレーヤーに期待 田口トモロヲ「大杉漣さんと共に、大きくて広い場所に着けた」

2021年3月30日 / 06:05

(左から)田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一

 映画『バイプレイヤーズ』完成披露上映イベントが29日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那、有村架純と松居大悟監督が登壇した。

 本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇役)たちが実名で出演するテレビ東京の人気ドラマの劇場版。今回は、若手、ベテランを含めた約100人のバイプレーヤーが集結、富士山の麓にある撮影所「バイプレウッド」で起こる騒動を描く。

 ドラマ第2シリーズの撮影中に、中心メンバーだった大杉漣さんが急逝した。

 田口は「大杉漣さんがやはりリーダーとして存在していた。シーズン2の終盤に漣さんが突然いなくなってしまい、その時点で『われわれのバイプレーヤーズの旅は終了した』と思っていたのですが、その後、2年ぐらいかけて、プロデューサー、監督、スタッフの皆さんが、熱心に模索してくれて、最終的に『ネクストバイプレーヤーズにバトンを渡すような役割だったら可能なのでは』となり、今回元祖として参加させていただきました」と説明した。

 続けて、「今ここに連さんがいないのが本当に残念でならないのですが、漣さんと共に、大きくて広い場所に着けたという思いでいっぱいです」と熱い思いを口にした。

 光石も「まさか映画になるとは。それを熱望していたのは大杉さん。実現して本当にうれしいです」とコメントした。

 松重は「実名をさらして役をやるというフォーマットを作り上げたのは大杉漣さん。僕ら元祖と呼ばれる人たちが前面に出てくるのは、これが最後。次からは、後ろに控えた若い人たちが、こういうフォーマットで遊び続ければ大杉さんの魂が永遠と生き続けるわけで…」と若手への期待を口にした。

 映画は4月9日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top