大泉洋、吉田大八監督にボヤき連発 「全然オーケーが出ない。どんどんパニクる」

2021年3月4日 / 07:31

ボヤきが止まらない大泉洋

 映画『騙し絵の牙』騙し合いバトル開幕式が3日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。

 本作は、作家の塩田武士氏が、大泉を主人公に当て書きした小説の映画化。雑誌編集長の速水(大泉)が、廃刊の危機に立ち向かうべく奔走する姿を描く。

 映画にちなみ、「崖っぷちを乗り越えたエピソード」を尋ねられた大泉は「この映画の撮影が常に崖っぷちでした。皆さんは監督の(演出を)『緻密な設計図』とおっしゃっていますが、要は全然オーケーが出ないんです」と嘆きながら振り返った。

 続けて、「(テークは)最低でも3回ですかね。5回、6回、全然10回ぐらいいく。それを長ぜりふでやられるとどんどん焦ってくる。そこにまた浩市さんとか、妖怪レベルの怖い人がいるとどんどんパニクるんです」とボヤきを連発した。

 これについて松岡が「『今のはちょっと大泉さんぽいのでNG』というのもありましたよね」と問い掛けると、大泉は「この原作小説、私に当て書きしてるんですよ。それなのに『今のは大泉さんぽいからもう1回』って、何がいけないんだよ!」と不満を爆発させて笑いを誘った。

 一方、松岡は、吉田監督の『桐島、部活やめるってよ』に出演したことを契機に、「仕事に恵まれるようになった。まさに8年前、監督に崖っぷちを救い上げていただきました」と感謝の言葉を述べた。

 すると、大泉は「君は随分、監督におべっかを使うんだな。俺なんかさっきあれだけ言ったから二度と仕事が来ないぞ!」としながらも、最後は「全部冗談ですからね。大好きですよ」と監督にすり寄った。

 映画は3月26日から公開。


芸能ニュースNEWS

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

amazon

page top