堂本光一、『SHOCK』の劇場公開に感謝の言葉 上田竜也「光一くんは、ジャニーさんの申し子」

2021年2月1日 / 15:39

監督兼任の堂本光一

 映画『Endless SHOCK』初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の堂本光一、上田竜也、梅田彩佳、越岡裕貴、松崎祐介、前田美波里が登壇した。

 初演から20年、進化し続けるミュージカルが初めて映画館に登場。本作は昨年2月の公演中止後に、無観客の帝国劇場に多数のカメラと1台のドローンを持ち込み、最高のアングルから撮影された。

 この日は、帝国劇場から全国82の劇場に生中継を実施した。主演と監督を務めた堂本は、来場者に感謝を述べながら、「取りあえず、スクリーンの大画面に耐えられているかどうかがちょっと心配」と弱音を吐いて笑わせた。

 4日には舞台「Endless SHOCK -Eternal-」も開幕する。同舞台は、劇場公開される“本編”の3年後を描いたスピンオフ作品となる。

 堂本は「本編を見たことがない方にも“Eternal”を楽しんでもらうには…と考えたときに、『映画を同時期にやれば両方楽しめるのかな』と思ったのがきっかけです」と劇場公開の経緯を説明。「自分の思い付きから始まった部分もありますが、皆さんの協力を頂き、実現できたのがうれしい」と語った。

 上田は「(去年の)大阪公演中にその思い付きを聞いたときは、『すっげー面白いな!』とめちゃくちゃ興奮した。やはり光一くんて、ジャニー(喜多川)さんの申し子みたいな。影にジャニーさんの発想力がある。普通の人はなかなか思い付かない」と明かした。

 梅田は「この前、稽古場で光一さんが『ユーたちさ』ってサラッと言ったんです。『ジャニーさんみたいじゃない?』って私すごく興奮しちゃって」とエピソードを披露。

 これを聞いた堂本は「とてもジャニーさんにはなれないですけど」と照れ笑いを浮かべた。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top