佐藤浩市「俺、役者以外何もできないわ」 30歳ぐらいで気付き「急に怖くなった」

2020年12月5日 / 12:03

(前列左から)西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子、(後列左から)勝地涼、広瀬アリス、中村倫也、井之脇海

 映画『サイレント・トーキョー』初日舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼と波多野貴文監督が登壇した。

 本作は、クリスマスイブの東京で突如発生した連続爆破テロ事件と、事件に巻き込まれた人々の姿を描く群像劇。

 この日は、俳優生活40年を迎えた佐藤に、共演者が自由に質問するコーナーを設けた。

 井之脇から「もし役者をやっていなかったら?」と尋ねられた佐藤は「僕は、二十歳前に芝居の経験もないままこの世界に入ったんだけど、10年ぐらいは『駄目だったらいいや。いつでも辞めてやる』ってずっと思っていた。でも、30ぐらいのときに、『俺、役者以外何もできないわ』と気付いたら、急に怖くなって。結局、自分には役者という生業しかないんだと思った」としみじみ振り返った。

 また、西島から「今までで一番つらかった現場」を尋ねられた佐藤は「みんな一緒だと思うけど、役者って現金な商売だなと思うのは、そのときはすごくつらくても、終わってしまうと、その気持ちがふわ~っとどこか飛ぶんだよね。『こんなにしんどいのはもう嫌だ』と思っても、『お疲れさま。乾杯!』となると、そのつらさを忘れちゃう」と回答。

 その上で、西島に「何がつらかったかは今度、ゆっくり話すよ」と語り掛け、いたずらっぽく笑った。

 石田は「好きな女性のしぐさを教えてください」とリクエスト。佐藤は「俺は、女性が女性っぽいしぐさをしても何も思わない。逆に、女の人がきれいに化粧しているのに、クァーッて鼻をかむ姿とかを見るとかわいいな、何か人間ぽいところ見れたなって思う」と語った。


芸能ニュースNEWS

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

東山紀之「頭の中で『マツケンサンバ』がぐわーと回る」 「いつかバックダンサーをやりたい」と松平健にラブコール

ドラマ2022年6月24日

 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇した。  本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日 … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」“颯”磯村勇斗のタイトル回収に反響 林太郎“松重豊”の「『結婚とは永遠に続く愛情へのむちゃな挑戦』が深過ぎる」

ドラマ2022年6月22日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の最終回10話が、21日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさ … 続きを読む

amazon

page top