二宮和也、謝罪の手紙が縁で映画出演 「どんなに忙しくても絶対に断らないと決めていた」

2020年10月16日 / 16:20

観客の感想に見入る二宮和也

 映画『浅田家!』大ヒット御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、主演の二宮和也(嵐)と中野量太監督が出席した。

 本作は、写真家・浅田政志氏と、彼を支え続けた家族の実話を映画化したもの。

 観客からの盛大な拍手で迎えられた二宮と中野監督は、笑顔で登壇し、冒頭のあいさつでは、「初登場1位だと聞いたときはすごくうれしかったです。僕たちが作り上げたものを見てもらえればそれでいいと思っていましたが、やはりうれしいです」と喜びを口にした。

 壇上には、既に映画を見た観客からのコメントを抜粋した特大パネルボードが登場。ボードを見詰めた二宮は「これでも一部なんて、ありがたいですね…」と、しみじみと語った。

 続いて、「人生の転機となった写真」について聞かれた二宮は「僕は間違いなく事務所に送った写真です」と笑顔で答えた。

 一方、中野監督は「写真ではないのですが、二宮さんにもらった手紙がこの作品の転機となりました。僕が『湯を沸かすほどの熱い愛』という作品で、日本アカデミー賞の授賞式に出席した際に、プレゼンテーターが二宮さんで、その際に、作品名を『湯を沸かすほどの熱い夏』と言い間違えてしまったんです。後日、二宮さんから『間違ってしまって申し訳ございません。僕にできることでしたら何でもします』という旨のお手紙をいただいて…」と告白。

 さらに、「僕は昔から二宮さんが好きでした。本作の出演を二宮さんにお願いしたところ、本当に役を受けてくれたんです」と驚きのエピソードを披露した。

 すると、二宮も「僕は、もし中野監督から出演のお話を頂いたら、どんなに忙しくても絶対に断らないと決めていたので、台本も読まずに二つ返事でした」とその言葉に応えた。

中野量太監督(左)と二宮和也

 


芸能ニュースNEWS

菅田将暉「自分は汁キャラ」 小栗旬が「汁・将暉」と命名

映画2021年6月12日

 映画『キャラクター』初日舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、Fukase(SEKAI NO OWARI)、高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督が出席した。  本作は、人の悪を描けずに苦悩する漫画家が、殺人事件の犯人 … 続きを読む

柴咲コウ、師匠が厳しかったら「飛び出てどっかに行っちゃうかも」 「倣える人が近くにいるのはうらやましい」

映画2021年6月11日

 映画『クルエラ』公開記念舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた柴咲コウ、塩田朋子が登壇した。  本作は、名作アニメーション映画『101匹わんちゃん』に登場する、ディズニー史上最も悪名高きビラン、クルエラの誕 … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみと綾野剛の“別れのキス”に反響 「離れたくないよねって泣きながら見守った」

ドラマ2021年6月10日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の最終話が、9日に放送された。  トラックから渚海音(石原)をかばおうとして、頭を打った倫太郎(綾野)。何とか立ち上がったものの、倫太郎の体にかすかな異変が起こる。   … 続きを読む

田中圭、古田新太に「今回の役名は?」 古田「覚えていない。コーチ!」

映画2021年6月10日

 映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』公開直前!!「タナカノソウル~舞台裏を語り尽くします!!~」トークイベントが9日、東京都内で行われ、主演の田中圭が登場した。  本作は、1998年長野五輪でのスキージャンプ団体の金メダル獲得を陰で … 続きを読む

室龍太、主演舞台で「笑いをお届けしたい」 Snow Man向井康二にドッキリ「引っ掛けて」

舞台・ミュージカル2021年6月9日

 舞台「コムサdeマンボ!」取材会が9日、東京都内で行われ、主演の室龍太が取材に応じた。  本作は、2019年に上演された舞台「どれミゼラブル!」の2年後を描いた作品。芸人兼見習い放送作家だったコムサ真二を中心に、バラエティー番組のスタッフ … 続きを読む

amazon

page top