高橋由美子「私にできることは駆け抜けることだけ」 主演舞台「時子さんのトキ」が開幕

2020年9月12日 / 08:06

時子を演じた高橋由美子 (C)舞台「時子さんのトキ」/岩田えり

 舞台「時子さんのトキ」公開稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の高橋由美子、鈴木拡樹、矢部太郎、伊藤修子ほかが熱演を見せた。

 本作は、劇団「ONEOR8」の主宰で、脚本・演出家の田村孝裕氏が手掛けた新作舞台。離婚後に出会った路上シンガーの翔真に、疎遠となった息子・登喜の姿を重ねて人生を狂わせていく時子の姿を描く。

 物語は、2012年に時子と翔真が出会うシーンからスタートする。その後は、シーンが変わるごとに、離婚前、2020年の現在など、時系列が入れ替わりながら、時子が歩んだ人生が、時に笑いを交えながら明かされていく。2020年のシーンでは、登場人物たちはマスクをつけ、検温を迫るシーンが登場するなど、今の時代を反映した描写も見られた。

 主人公の時子を演じる高橋は、開幕へ向けて「このようなときに、演劇を行うことへのご意見もあるかと思いますが、今私にできることは駆け抜けることだけ。皆さまに、楽しみにお運びいただき、精いっぱいお迎えできるよう精進いたします」と意気込みを語った。

 また、翔真と登喜の二役を演じる鈴木は「予定通り、公演を開始いたします。ご来場の皆さまと、特別な時間を過ごせることをうれしく思います」とコメントを寄せた。

 時子の人生が大きく変わるきっかけとなるNPO団体を名乗る男・柏木ほか、時子を取り巻くさまざまな人物を演じた矢部は「初めての、マスクあり、フェースシールドあり、ケータリングなし! といった状況で稽古をしまして、細心の注意を払いつつ上演します。皆さんは、決してまねしないでください」と語った。

 舞台は、21日まで都内・よみうり大手町ホールほか、大阪で上演。

鈴木拡樹(左)と高橋由美子 (C)舞台「時子さんのトキ」/岩田えり


芸能ニュースNEWS

中村獅童、角川春樹監督への愛を語る 「うちの息子の名前は“はるき”ですから」

映画2020年9月18日

 映画『みをつくし料理帖』完成披露舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒、若村麻由美、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、石坂浩二、中村獅童と角川春樹監督が登壇した。  本作は、高田郁氏のベストセラー小説を映画化。大阪に生ま … 続きを読む

石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ」 田中圭演じる瀬野に「どうか生きて」の声

ドラマ2020年9月18日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第10話が、17日に放送された。  本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、ステージ4の重複がんを患った薬剤部副部長の … 続きを読む

エーステLIVE公演が開幕 荒牧慶彦「みんなのすてきな思い出になりますように」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 「MANKAI STAGE『A3!』~Four Seasons LIVE 2020~」が17日、東京都内で上演された。  ダウンロード数700万を突破したイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』を舞台化。これまで春組・夏組、秋組・冬 … 続きを読む

宮沢氷魚、大鶴佐助との二人芝居に挑戦 「こんなに精神的に追い込まれたのは初めて」

舞台・ミュージカル2020年9月17日

 舞台「ボクの穴、彼の穴。The Enemy」公開舞台稽古と取材会が17日、東京都内で行われ、出演者の宮沢氷魚、大鶴佐助、演出のノゾエ征爾氏が出席した。  本作は、松尾スズキが初めて翻訳したことで話題となった絵本を基に、ノゾエ氏が翻案、脚本 … 続きを読む

柳楽優弥「ジャニーズ事務所の書類審査まで通った」 「長瀬智也さんに憧れていた」

テレビ2020年9月17日

 俳優の柳楽優弥が、16日に放送されたTOKIOの冠番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演した。  14歳のときに、映画『誰も知らない』(04)でデビューし、カンヌ国際映画祭で、日本人初の最優秀主演男優賞を受賞した柳楽。  子 … 続きを読む

page top