石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

2020年8月14日 / 07:10

(C)Michell

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。

 今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族のストーリーが描かれた。

 医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3カ月と言われた辰川太一(伊武雅刀)。いったんは「治療の必要はない」と口にするが、息子の秀三(迫田孝也)や孫の樹里(久保田紗友)の説得により、抗がん剤治療を受けることを決意する。そんな太一の「やりたいことリスト」を秀三と樹里は一つ一つ実現させていく。

 放送終了後、SNS上には「がんで亡くなったなった父を思い出し、涙なしでは見られなかった」「涙腺やられた」「伊武雅刀さん見るだけで泣ける。演技がリアル過ぎて本当の家族みたい。名俳優!」「感情移入するとつらくもあったけど、同時に温かい気持ちにもなれた」などといった声が上がった。

 患者のために奔走(ほんそう)する葵の姿には、「あそこまでおせっかいな院内薬剤師ってどうなの」「薬剤師がご飯の種類まで答えるの? それは栄養士と看護師に相談するやつだよ」などといった指摘も。

 その一方、「ドラマなんだから現実と違うのは当たり前」「そもそも、石原さとみと田中圭と成田凌と西野七瀬のような顔面偏差値が高い集まり、まずないから」といったコメントも寄せられた。

 お団子ヘアにした石原のうなじも話題となっており、「毎度、石原さとみのうなじがキレイ過ぎて見とれている。定規で測って切っとんか? すごくきれい」といったコメントも上がった。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top