古舘佑太郎「区役所で説得して婚姻届を出す」 石橋静河「ほのぼのと普通の時間を過ごしたい」

2019年7月6日 / 14:34

古舘佑太郎(左)と石橋静河

 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の古舘佑太郎、石橋静河、光石研、蒔田彩珠、峯田和伸、宮本信子と菅原伸太郎監督が登壇した。

 本作は、数々の名作を手掛けてきた脚本家・岡田恵和氏と、銀杏BOYZの峯田が紡いだ青春と恋の物語。

 不器用だけど優しい心を持つ青年コウタを演じた古舘は「今から青春が始まる方、青春真っただ中の方、青春を思い出している方、あらゆる世代の方に見てもらい、甘酸っぱい、淡い気持ちになっていただけたら」とアピールした。

 コウタから思いを寄せられる“あーちゃん”を演じた石橋は「あーちゃんは、今でも大切な女の子として私の中に残っています。今日から皆さんに見てもらえるのがうれしいです」とあいさつした。

 また、約束の「七夕の日」だけに会う主人公の2人にちなみ、「もし好きな人と1年に1度しか会えないとしたら、何をしたいか?」と聞かれたキャストたち。

 古舘は「また来年も会えるかどうか分からない状況なら、その1日に懸けなきゃいけない。だったら区役所で婚姻届を出します。そうしたら、また来年も会えると思うので。その日1日、区役所デートで(結婚の)説得をします」と語って笑わせた。

 石橋は「1年に1度って特別。(普段は)日常の生活を一緒に過ごせない。ならあえてほのぼのと普通の時間を過ごしたいです」と回答。蒔田も「すごく静かな公園でバイバイするまでずっと一緒にしゃべっていたいです」と、初々しく語った。

 光石は「とりあえず焼き肉。食べてから考えます」とニヤリ。峯田は「これ、本当にいやらしい話じゃなくて、やることは決まっていますね…」と語って笑わせた。

 最後に宮本が「いっぱいおしゃべりをして、つい眠くなって寝てしまって、ハッと目が覚めたときに“幸せな夢だったなぁ”と思うのがいいです」という粋なコメントで締めくくった。

(左から)菅原伸太郎監督、峯田和伸、宮本信子、古舘佑太郎、石橋静河、光石研、蒔田彩珠


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top