河森正治「マクロスのミンメイは、横浜に引っ越した経験から生まれた」 デビュー40周年記念展で創作の原点を語る

2019年5月31日 / 16:47

左上の「無限パンチ」を解説する河森正治氏

 河森正治プロデビュー40周年記念展「河森正治EXPO」のプレス内覧会が31日、東京都内で行われ、河森氏本人ほかが登場した。

 同展は、アニメ監督・メカニックデザイナーとして、「マクロス」「アクエリオン」「アーマード・コア」シリーズ、『イーハトーブ幻想~KENjIの春』、エンターテインメントロボット「AIBO」などを手掛けてきた河森氏の、40年にわたる創作の軌跡を追うもの。

 まず、河森氏は同展について、「アニメやゲームなど、集団創作としての作品が多いので、個人展というよりも万博、EXPOとしました。創作メモなど、自分が物を作るプロセスそのものを展示し、いろんな作品の世界が一同に介しています」と紹介した。

 頭上で目を引く「無限パンチ」の展示については、「(アクエリオンに登場する)無限パンチを再現しようとしたら、『予算がいくらかかると思ってるんですか!』と言われたので、予算削減のため、プラモデルの箱で再現しました」とおちゃめに説明した。

 数多くの名作を生み出してきた河森氏だが、その裏には多くの「ボツ案」があったといい、「マクロスを作っていた頃に、(ガンダムシリーズの)富野由悠季監督と一緒に作っていた『アステロイドワン』という企画の展示もあります。もし世に出したら、アニメの歴史が変わっていたかも」と語り、苦笑いを浮かべた。

 その創作の源については、「子どもの頃から好奇心が強かったらしいです。富山の山奥で生まれ、3歳のときに横浜に引っ越した。そこで初めて見た電車にカルチャーショックを受けたのが、(マクロスシリーズの)『デカルチャー』の原点だったんでしょうね」と語る。

 さらに「日本の中心である東京に対して、世界へ視線を向ける横浜に住み、中華街にも親しんでいた。それで初代マクロスのヒロイン、リン・ミンメイを中国系にしたんです」と作品につながる自身の体験を次々に明かした。

 最後はファンに向けて、「40年仕事を続けられたのも、皆さんの応援のおかげ。これからも新鮮なデカルチャーを届けていきたいと思います。ぜひ(展示会を)見に来てください」と呼び掛けた。

(左から)ミコノのコスプレをする九条ねぎ、司会の喜屋武ちあき、河森正治氏、ゼシカに扮するカモミール

 展覧会は31日~6月23日、都内・東京ドームシティ ギャラリーアーモで開催。


芸能ニュースNEWS

新たな刀剣男士も登場! 刀ステ最新作開幕 蒼木陣「人生の財産になるような大きな出会い」

舞台・ミュージカル2019年11月22日

 舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たちの囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の蒼木陣、櫻井圭登、玉城裕規、染谷俊之ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りなが … 続きを読む

宇垣美里「ジュード・ロウはセクシーさがあふれ出ていた」 東京コミコン2019オープニングイベント

イベント2019年11月22日

 世界最大級のポップ・カルチャーイベント、東京コミコン2019のオープニングイベントが22日、千葉市の幕張メッセで行われた。  オープニングイベントでは、今年のアンバサダーの俳優の浅野忠信と、広報部長を務める宇垣美里のほか、海外で活躍する俳 … 続きを読む

西島秀俊、文鳥と共演し「奇跡的なカットが撮れた」 ストレス解消法は「意外と料理がいい」

トレンド2019年11月22日

 「myblu 新CM発表会」が22日、東京都内で行われ、新CMに出演する俳優の西島秀俊が登場した。 続きを読む

堤真一、岡村隆史との人力車同乗に不満 「何でおまえと2人でやねん」

映画2019年11月22日

 映画『決算!忠臣蔵』初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、石原さとみ、寺脇康文、橋本良亮と中村義洋監督が出席した。  本作は、限られた予算の中であだ討ちを行おうと苦労する赤穂浪士たちの姿を描 … 続きを読む

横浜流星「自分が一番驚いている」 今年の受賞ラッシュに喜びと感謝

授賞式2019年11月22日

 今年、各分野で最も輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2019」授賞式が21日、東京都内で行われ、俳優の横浜流星、ムロツヨシ、賀来賢人、草刈正雄、石原良純ほかが出席した。  横浜は、今年1月期の連続ドラマ「初めて恋 … 続きを読む

page top