最上もが“お色気シーン”に苦戦 「朝っぱらから道端で恥ずかしかった」

2019年4月1日 / 14:05

お色気シーンの撮影について語った最上もが

 映画『クロガラス2』舞台あいさつが3月30日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、植田圭輔、最上もがが登壇した。

 本作は、金と欲望渦巻く新宿歌舞伎町を舞台に、裏社会のトラブルを解決する男女3人組の「解決屋」の活躍を描いた『クロガラス』の第2弾。

 主人公・黒斗を演じた崎山は、本作の見どころを聞かれると「エピソード1にもあったけど、2でも黒斗の“TV=テーブルバイオレンス”があったじゃないですか」とテーブルを蹴り飛ばすシーンに触れ「これが今後の黒斗の代名詞になるんじゃないかな」と冗談を交えて語った。

 植田は、爆発シーンでの「伏せろ!」と大声で叫ぶ場面を挙げ「いつか映画やドラマでやりたいなと思っていたけれど、まさかここで体験できるとは。いい意味で中2心をくすぐる(場面だった)」と興奮気味に振り返った。

 一方、最上は「撮影時に心が折れかけたシーン」として「やくざさんたちの前でお色気を出す場面」を回想。「朝っぱらから道端でやらされて、結構エキストラでない人たちも見ていて恥ずかしくて…。どうやったら(セクシーに)見えるのかずっとクネクネしながら“こんな女きもいな”って」と苦笑交じりにエピソードを明かした。

 会場では、3人の“解決力”を診断するテストも実施された。「道で『50円落としちゃった』と泣きそうな男の子がいます。後ろには券売機があります。あなたはどう対処しますか?」というお題に、崎山は「しばらく一緒に探して見つけからなければ『今回は特別なことだ』と教えて50円あげる。甘やかしちゃいけない」と回答。植田も「周囲を巻き込んで探す。簡単にお金をあげない」と同意見だった。

 最上は「子どもの頃から大人はすぐにお金をくれると思わせるのはいかがなものか」と、2人に同調した上で、「一緒に探して見つけたふりをして(自分の財布から)50円をあげる。渡し方も工夫する」と答え、周囲をうならせた。

(左から)植田圭輔、崎山つばさ、最上もが


芸能ニュースNEWS

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

amazon

page top