安田顕、家では“お小遣い制”と告白 「管理してもらっている方がいい」

2018年6月9日 / 17:10

安田顕(左)と榮倉奈々

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花と李闘士男監督が登壇した。

 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、翌年にはコミックエッセー化。その“伝説の投稿”が実写映画になった。

 この日は、本作の宣伝キャッチコピー「“死んだふり”が、夫婦を救う!?」にちなみ、「夫婦円満のために大切だと思うもの」を登壇者がフリップで発表することに。

 「お小遣いが夫婦を救う」と掲げた安田は「私、財布にあればあるだけ使っちゃうから」と、家では“お小遣い制”であることを告白した。

 続けて安田は「もちろん『あれ買いたい』『何食べたい』『今日は出掛ける』というときは(別途)頂けるから全然不自由がない。お金って大事じゃない。だから(妻に)管理してもらっている方が私はいいかな。(必要なときは)正直に話せばいいし、自分を律することもできる」と持論を展開させた。

 これを聞いた妻役の榮倉は「“奥様さまさま”ですね」と感想を語り、安田から「結婚したらお小遣いにしてもらいなさい」とアドバイスを受けた独身の大谷は「参考にします」と笑顔で応じた。

 一方、榮倉と安田は11年前にも共演経験があったという。榮倉が「当時は、近所のお兄ちゃん役だったけど、その後にまさか夫婦役で共演できるなんてびっくりしました」と明かすと、安田も「次は何だろう。刑事と犯人役。医者と患者。検事と事務官…?」と今後の共演に期待を寄せた。

 最後に、改めて榮倉との共演を「楽しかった」と振り返った安田だったが、榮倉は「本当ですか?」と半信半疑の様子。「安田さんは現場でも気遣いの人なので、本当は何を考えているのか全然分からないんです」と打ち明ける榮倉に、安田は「本当に楽しかったの。(TEAM)NACSといるよりあなたといる方が全然楽しい」と主張して、会場の笑いを誘った。

(左から)野々すみ花、安田顕、榮倉奈々、大谷亮平、李闘士男監督


芸能ニュースNEWS

宇垣美里「甘い男性が好きです。甘やかさせてほしい」 “パリピ芸人”EXIT「闇営業」を否定

イベント2019年6月17日

 「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」が17日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が登場した。  3人は、のりですしをつかんで食べるスタイルの「三段つかみずし」や、ギネス認定の唐辛子「 … 続きを読む

綾瀬はるか、超早口な応募呼び掛け ゆず「これ正解なんですか」

トレンド2019年6月17日

 「日本生命 東京2020オリンピック聖火ランナー募集」記者発表会が17日、東京都内で行われ、聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」代表メンバーの綾瀬はるか、ロバートの秋山竜次、桐生祥秀選手、ゆずが出席した。 続きを読む

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

page top