安田顕、家では“お小遣い制”と告白 「管理してもらっている方がいい」

2018年6月9日 / 17:10

安田顕(左)と榮倉奈々

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花と李闘士男監督が登壇した。

 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、翌年にはコミックエッセー化。その“伝説の投稿”が実写映画になった。

 この日は、本作の宣伝キャッチコピー「“死んだふり”が、夫婦を救う!?」にちなみ、「夫婦円満のために大切だと思うもの」を登壇者がフリップで発表することに。

 「お小遣いが夫婦を救う」と掲げた安田は「私、財布にあればあるだけ使っちゃうから」と、家では“お小遣い制”であることを告白した。

 続けて安田は「もちろん『あれ買いたい』『何食べたい』『今日は出掛ける』というときは(別途)頂けるから全然不自由がない。お金って大事じゃない。だから(妻に)管理してもらっている方が私はいいかな。(必要なときは)正直に話せばいいし、自分を律することもできる」と持論を展開させた。

 これを聞いた妻役の榮倉は「“奥様さまさま”ですね」と感想を語り、安田から「結婚したらお小遣いにしてもらいなさい」とアドバイスを受けた独身の大谷は「参考にします」と笑顔で応じた。

 一方、榮倉と安田は11年前にも共演経験があったという。榮倉が「当時は、近所のお兄ちゃん役だったけど、その後にまさか夫婦役で共演できるなんてびっくりしました」と明かすと、安田も「次は何だろう。刑事と犯人役。医者と患者。検事と事務官…?」と今後の共演に期待を寄せた。

 最後に、改めて榮倉との共演を「楽しかった」と振り返った安田だったが、榮倉は「本当ですか?」と半信半疑の様子。「安田さんは現場でも気遣いの人なので、本当は何を考えているのか全然分からないんです」と打ち明ける榮倉に、安田は「本当に楽しかったの。(TEAM)NACSといるよりあなたといる方が全然楽しい」と主張して、会場の笑いを誘った。

(左から)野々すみ花、安田顕、榮倉奈々、大谷亮平、李闘士男監督


芸能ニュースNEWS

平愛梨、夫・長友佑都選手の“代理”で登場 息子も「サッカーを選んでくれたらいいな」

トレンド2019年1月24日

 「LIFULL 新会社設立発表会」が24日、東京都内で行われ、女優の平愛梨が出席した。 続きを読む

橋本環奈、「二十歳、独りでちゃんと生活できる大人に」 10代でやり残したこと「ない」

イベント2019年1月24日

「洋服の青山 フレッシャーズ 新キャラクター就任&新CM発表会」が24日、東京都内で行われ、女優の橋本環奈が出席した。  「洋服の青山」は、今春、新社会人や新入生となるフレッシャーズに向けた新たなイメージキャラクターとして橋本を起用。新CM … 続きを読む

渡部建、妻・佐々木希との外食明かす 長男連れて「乳児OKな店に行きました」

トレンド2019年1月24日

 レストラン検索・予約サイト「食べログ」主催の「The Tabelog Award 2019」が23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が司会を務めた。またスペシャルプレゼンターの吉高由里子、スペシャルサポーターの寺門ジモンらも出席した。 続きを読む

エミリー・ブラント、名作挑戦への思い 「自分なりのメリー・ポピンズ像を…」

映画2019年1月24日

 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』ジャパンプレミアが23日、東京都内で行われ、主演のエミリー・ブラント、日本語吹き替え版声優を務めた平原綾香と谷原章介が登壇した。  1964年公開のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた物 … 続きを読む

横浜流星、“泣くシーン”で苦労 「感受性があまり豊かじゃないので…」

映画2019年1月23日

 映画『キセキ-あの日のソビト-』『愛唄-約束のナクヒト-』イッキ見上映トークイベントが22日、東京都内で行われ、両方の作品に出演した横浜流星、野間口徹、奥野瑛太と、『愛唄』を手掛けた川村泰祐監督が登壇した。  25日公開の『愛唄-約束のナ … 続きを読む

page top