野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

2018年9月22日 / 16:35

野村周平(左)と柳ゆり菜

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。

 本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取ってくるよう命じられた坂本純平(野村)は、実行までの3日間、偶然出会った女性・加奈(柳)と行動を共にすることに。孤独と不安を慰め合う2人だったが、やがて決行の日がやってくる。

 野村は、初共演となった毎熊の印象について「兄貴という感じ。存在感、包容力もあり、素晴らしい先輩だと思いました」とコメントした。

 その毎熊から「(野村は)格好いい。多分、年も六つか七つぐらい違うのですが、いまどきの子というよりも、一昔前の男みたいな、まさに純平のような感じだった」と評されると、野村は「『生まれてくる時代を間違えた』とか、『ちょっと平成には似つかない男だ』などとよく言われます」と笑いながら明かした。

 また、本作のテーマの一つに“SNS”があるが、野村は「SNSの住人はSNSの中でしか生きていないので、心もとない発言をしてしまうことが多々あると思いますが、(直接)人と会わないと何も分からない。『会ったこともないのにSNS上だけで、あまり人格とかを否定するなよ』と、ちょっと世の中に言いたいし、『じゃあ会いに来てください』という感じ」と持論を展開させた。

 さらに、野村は「純平のような芯のしっかり通った男が格好いいというのが描かれているので、こういう芯の通った男性が増えてくれたらなと思うし、僕も純平のような男になれるように頑張ります」と言葉に力を込めた。

 最後は「SNSを否定するようなことを言いましたが、皆さんのつぶやきでこの映画を広めていただけたら。皆さんの宣伝の効果で『カメラを止めるな!』みたいな感じになれるかもしれないので」とちゃっかりアピール。

 「俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください」と劇中のせりふをアレンジした“決めぜりふ”でイベントを締めくくった。 


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top