木村拓哉「役をとことん理解したかった」 二宮和也「アドリブは覚えていない」

2018年8月24日 / 16:50

二宮和也(左)と木村拓哉

 映画『検察側の罪人』の公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、二宮和也(嵐)、吉高由里子、松重豊、八嶋智人、原田眞人監督が登壇した。

 本作は、都内で発生した強盗殺人事件の捜査方針をめぐって対立する2人の検事の姿を描いた社会派ミステリー。木村と二宮は、検事の先輩、後輩として互いの正義のために対決する役どころを演じた。

 試写を見た人たちから「これまで見たことのなかった2人の演技に引きつけられた」という声が上がっている本作。そのことについて心境を問われた木村は「自分は特に“こうしたい”“ああしたい”というのはないですし、全て原田監督が導いてくれた結果がスクリーンに映し出されているだけ。監督に感謝です」とコメントした。

 二宮も「伝えたいことが明確だからこそ、賛否が分かれる可能性のある作品ですが、そういった声をたくさん頂けるのはうれしいです」と喜びを語った。

 先輩検事の最上を演じた木村は「一線を越えてしまう最上なりの正義を、自分が理解していないと、全てがうそになってしまうと感じていた。原田監督が(新たに)書き込んでくれたエピソードなど、原作にはない部分も含めて、最上というキャラクターをとことん理解したいと思いながらやっていました」と役作りを振り返った。

 一方、被疑者に対する取り調べのシーンで鬼気迫る演技を披露した二宮を、原田監督は「ものすごく良かった」と絶賛。「本番でこちらが予想していた2倍か3倍のテンションでキレてくれて、『これは、すげーな』と思った。2回目、3回目からは、余裕でいろいろとアドリブも出てきて。『そのへんで首つってくれる?』というのは、もともと台本にはないんです」と撮影時のエピソードも披露した。

 だが、二宮は「全然覚えてないんですよ…。台本に書いてないのに『首つってこい』と言うって、どっかで(役として)思っているんですよ」と分析した。

 すかさず吉高が「怖い!そういう人間なんじゃないの?」と突っ込みを入れると、他の登壇者が「役がね」と慌ててフォローし、笑いを誘った。

(左から)八嶋智人、吉高由里子、二宮和也、木村拓哉、松重豊、原田眞人監督


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top