のん、自身の史上最高の“クズ役”に挑戦 「革命家なのに何もしない変な役」

2018年8月22日 / 16:02

ミライさん役を演じたのん

 LINE NEWS初のオリジナル連続ドラマ「ミライさん」完成発表会が22日、東京都内で行われ、のん、本郷奏多、堀内敬子ほかが出席した。

 本作は、今よりちょっとだけ未来を生きる家族のささやかな日常を描くホームドラマ。「人間が働かなくてもいい未来」のためにあえて働かない「自称・革命家」の女性という設定で、毎日ジャージ姿でゲームばかりしている「ミライさん」をのん、そんな妹を信じてサポートする兄・トモロウを本郷が演じる。

 のんはミライという役どころについて、「革命家なのに何もしない。変な役ですが、新鮮で楽しめました。今まで演じさせていただいた役の中で、一番クズだな…と思う役ですね」とにっこり。現場では、「普段からハイテンションにして撮影に臨むために、ヘアメークさんに付き合ってもらってはしゃいでいました」と役作りの様子も明かした。

 一方、ミライのためにさまざまなツールを開発する研究者でもあるトモロウ役について本郷は、「頭がいいのかと思いきや抜けている。何より、妹であるミライがかわいくてしょうがないという役。ミライのクズっぷりを育ててしまっている一因です」と紹介。母親・イマコ役の堀内は、「みんながずっと家にいる“ダメな感じ”をとがめたりせずに見守る役。仲がいい感じの2人をほほえましく見させていただきました」と現場での様子を振り返った。

 ミライに「働かないなら出て行け」と怒る父・フルキチ役を演じたのはマキタスポーツ。ビデオメッセージで、「まさか、のんさんと初めての恋人役ができるとは…」と冗談を飛ばしながら、「シーズン2、3とどんどん続いていってほしい」と期待を寄せた。のんは、マキタスポーツとの現場でのエピソードについて、「じっと私の顔を見て『のんは、その眉毛、生やしっぱなし?』と聞かれ、『整えてます』って答えたり。そんなことがたくさんありました」と苦笑交じりに語っていた。

 ドラマは「LINE NEWS」で9月8日、午後8時から放送。(毎週土曜日午後8時更新・全5話)。

(左から)本郷奏多、のん、堀内敬子


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top