のん、自身の史上最高の“クズ役”に挑戦 「革命家なのに何もしない変な役」

2018年8月22日 / 16:02

ミライさん役を演じたのん

 LINE NEWS初のオリジナル連続ドラマ「ミライさん」完成発表会が22日、東京都内で行われ、のん、本郷奏多、堀内敬子ほかが出席した。

 本作は、今よりちょっとだけ未来を生きる家族のささやかな日常を描くホームドラマ。「人間が働かなくてもいい未来」のためにあえて働かない「自称・革命家」の女性という設定で、毎日ジャージ姿でゲームばかりしている「ミライさん」をのん、そんな妹を信じてサポートする兄・トモロウを本郷が演じる。

 のんはミライという役どころについて、「革命家なのに何もしない。変な役ですが、新鮮で楽しめました。今まで演じさせていただいた役の中で、一番クズだな…と思う役ですね」とにっこり。現場では、「普段からハイテンションにして撮影に臨むために、ヘアメークさんに付き合ってもらってはしゃいでいました」と役作りの様子も明かした。

 一方、ミライのためにさまざまなツールを開発する研究者でもあるトモロウ役について本郷は、「頭がいいのかと思いきや抜けている。何より、妹であるミライがかわいくてしょうがないという役。ミライのクズっぷりを育ててしまっている一因です」と紹介。母親・イマコ役の堀内は、「みんながずっと家にいる“ダメな感じ”をとがめたりせずに見守る役。仲がいい感じの2人をほほえましく見させていただきました」と現場での様子を振り返った。

 ミライに「働かないなら出て行け」と怒る父・フルキチ役を演じたのはマキタスポーツ。ビデオメッセージで、「まさか、のんさんと初めての恋人役ができるとは…」と冗談を飛ばしながら、「シーズン2、3とどんどん続いていってほしい」と期待を寄せた。のんは、マキタスポーツとの現場でのエピソードについて、「じっと私の顔を見て『のんは、その眉毛、生やしっぱなし?』と聞かれ、『整えてます』って答えたり。そんなことがたくさんありました」と苦笑交じりに語っていた。

 ドラマは「LINE NEWS」で9月8日、午後8時から放送。(毎週土曜日午後8時更新・全5話)。

(左から)本郷奏多、のん、堀内敬子


芸能ニュースNEWS

デーモン閣下、中国・四国9県の観光PR 「たくさんの人に復興の一役を担ってもらいたい」

トレンド2018年12月13日

 「中国・四国9県連携復興プロモーション記者発表会」が13日、東京都内で行われ、広島県に縁のあるミュージシャンのデーモン閣下、岡山県出身の俳優・前野朋哉、香川県出身のアイドル行天優莉奈(AKB48 Team8)が登場した。 続きを読む

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。  年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢 … 続きを読む

綾瀬はるか、クリスマスは「大河の撮影」 ボーイフレンドの理想は「お兄さんタイプ」

トレンド2018年12月12日

 「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018」授賞式が12日、東京都内で行われ、美容誌『VOCE』によって、「2018年“最も美しい顔”」に選出された女優の綾瀬はるかが出席した。 続きを読む

玉木宏、“猫と共演”も「なかなか一線を越えられない」 怖くて近づけない理由語る

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の玉木宏、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩、武正晴監督、原作者の羽田圭介氏が登壇した。  本作は、記憶と勘を武器に指名手配犯を捜 … 続きを読む

ブラッドリー・クーパー5年ぶり来日 胸元ざっくりなローラ気遣う

映画2018年12月12日

 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアが11日、東京都内で行われ、来日した出演者で監督のブラッドリー・クーパー、スペシャルサポーターのローラが出席した。  本作は、アーティストのレディー・ガガが主演を務め、『アメリカン・スナイパー』な … 続きを読む

page top