川栄李奈、被爆女性の葛藤を熱演 「感じたものを作品に込めました」

2018年7月27日 / 16:44

(左から)キムラ緑子、川栄李奈、常盤貴子、平祐奈

 NHK広島放送局開局90年ドラマ「夕凪の街 桜の国2018」の試写会が27日、東京都内で行われ、出演者の常盤貴子、川栄李奈、平祐奈、キムラ緑子が出席した。

 本作は、漫画家こうの史代氏が2004年に発表した『夕凪の街 桜の国』を原作に、設定を2018年に置き換え、オリジナルストーリーを加えてドラマ化したもの。

 「平成パート」で主人公の石川七波を演じた常磐は、今回初めて広島市内を訪れたという。「初めて自分の目で原爆ドームを見たときの『ドキッ』とした感じが今でも忘れられない。それはどういう『ドキッ』なのか今でも自分で分からない。こんな経験はしたことがなくて、これがどういうことなのか、これから先ずっとずっと考え続けていきたい。自分に対する宿題です」と語った。

 一方、川栄は「昭和パート」で、建設会社で働く23歳の平野皆実を演じた。13歳のときに被爆してから10年間、広島で母(キムラ)と暮らしていた皆実は、心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ちるが、そんなときに忘れかけていた“原爆”が再び襲ってくる。

 川栄は「撮影に入る前に、実際に被爆された女性に会ってお話を聞き、そこから感じたものをこの作品に込めさせてもらいました」と役作りについて語った。

 特に印象深いのは、葛藤を抱えた皆実が、土手で雨に打たれながら走るシーンだといい「朝から晩まで。まだ3月ですごく寒くて、本当につらいな…と思ったのですが“こんなのでつらいと思っていたら、この時代の方はどうなっちゃうんだろう…”って。なんか私、甘やかされて育っているんだなと実感しました」と撮影中の思いを振り返った。

 川栄は「10代、20代の人は学校でしか戦争を学ばない。『何月何日に原爆が落ちました』としか教えてもらわない。でもこういった物語で、原爆に遭った方の心情だったり、家族の思いを知れると思うので、ぜひ私たち世代の人にこのドラマを見てほしい」と呼び掛けた。

 ドラマは8月6日、NHK総合で午後7時30分から放送。


芸能ニュースNEWS

DAIGO、娘の顔は「パパ似」 娘の“細工なし”ウィッシュポーズも公開

CM2020年10月20日

 保湿成分配合の紙おむつ「グーンプラス」新CM発表会が20日、東京都内で行われ、グーンブランドアンバサダーに就任したタレントのDAIGOが登場した。  先月、妻で女優の北川景子が第1子となる女児を出産。父親となったばかりのDAIGOは「正直 … 続きを読む

三戸なつめ“ぱっつん前髪”からイメチェン 「三戸なつめに見えないですよね」

イベント2020年10月19日

 医療用ウィッグサービス「natuwig MEDIC」記者発表会が19日、東京都内で行われ、モデルで歌手の三戸なつめが登場した。  この日は、眉上で短く切りそろえた前髪がトレードマークの水戸が、オーダーメードウィッグを着用して登場した。   … 続きを読む

倖田來未、ステイホーム中は「息子とゲーム」 「昔のファミコンもスイッチもやっている」

イベント2020年10月19日

 「コアラ リブランディング&新商品発表会」が19日、東京都内で行われ、歌手の倖田來未が登場した。  同ブランドの「コアラソファーベッド」を愛用しているという倖田。使い心地を問われると、「硬過ぎず柔らか過ぎず、ちょうどいい。家で歌詞を書くと … 続きを読む

「極主夫道」玉木宏と滝藤賢一の“ヨガ対決”に爆笑 「まじで神回。面白過ぎて腹がよじれる」

ドラマ2020年10月19日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2回が、18日に放送された。   本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族と町を守るために奮闘する様子を描く … 続きを読む

「危険なビーナス」ディーン・フジオカが妻夫木聡とだまし合い 「“悪ディーン”にゾクゾクする」

ドラマ2020年10月19日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。  今回は、矢神家の養子の勇磨(ディーン・フジオカ)が、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)とだまし合いを繰り広げた。  伯朗と楓に、会うこと … 続きを読む

page top