安田顕「妻よりも先に死にたい」 榮倉奈々「いつまでも食卓を囲む夫婦がいい」

2018年5月15日 / 20:22

夫婦役を演じた安田顕(左)と榮倉奈々

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の完成披露試写会が15日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花と李闘士男監督が登壇した。

 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、翌年にはコミックエッセイ化。その“伝説の投稿”が実写映画になった。

 劇中で15パターンもの“死んだふり”を披露した妻役の榮倉は「最初、コメディーなのかなと思って脚本を読ませてもらったのですが、予想外の産物が多過ぎて。その長いタイトルよりもびっくりしました」と語った。

 夫役を演じた安田も「脚本を読んだら原作と全然違う。正直、どうやったらこれ、面白くなるんだろう…と思ったけど、上がり(完成作)を見たときに、『うわ~、やられた!』と思いました」と李監督の手腕に脱帽しきり。また「最後はうまくいきますから!」と“ネタバレ”ぎりぎりのコメントで会場を沸かせた。

 タイトルにちなみ「必ず○○している」という自身のこだわりを尋ねられたキャストたち。榮倉は「考えたんですが、ないです。何故かと言うと『必ず何々をする』と決めていると、それにとらわれて他のことがうまくいかなくなるから。なので、何かにこだわりを持つことは極力やめています」と語った。

 一方、安田は「いつもファミレスとか、外でせりふを覚えるんだけど、そのときに台本を開いていると恥ずかしいから、せりふを全部携帯に打っちゃうの。そうすると移動中とか、夜も読めるから」と告白。これには榮倉も「すごい手間を…」と驚いていた。

 また「理想の夫婦像」を聞かれた安田は「長生きした上で、若干僕の方が(妻よりも)先に死にたい。幸せにみとられながら『いい人生だったよ。ありがとう』と言って死にたい。残されるのは絶対に嫌」と弱気な一面を披露。対する榮倉は「いつまでも食卓を囲む夫婦がいいと思います」と話した。

 映画は6月8日から全国ロードショー。

(左から)野々すみ花、安田顕、榮倉奈々、大谷亮平、李闘士男監督


芸能ニュースNEWS

香取慎吾「明るい“慎吾ちゃん”は封印している」 5年振りの民放ドラマ「アノニマス」で主演

ドラマ2021年1月25日

 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」オンライン記者会見が24日に行われ、出演者の香取慎吾、関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信が登場した。  SNSの誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマにした本作。顔の見えない犯罪者によるキーボ … 続きを読む

「天国と地獄」“八巻”溝端淳平に「最高のファインプレー」 綾瀬はるかと高橋一生が魂の入れ替わりを熱演

ドラマ2021年1月25日

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第2話が、24日に放送された。  本作は、努力家で正義感が強いが、慌て者の刑事・望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わる物語。  階段 … 続きを読む

「その女、ジルバ」“エリー”中田喜子の恋を描く 「今期1番グッとくるドラマ」

ドラマ2021年1月25日

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の第3話が、23日に放送された。  本作は、結婚相手と直前に破談し会社でも肩身が狭くなり、ついには左遷されてしまった40歳の笛吹新(池脇)が、「ホステス募集 ただし40歳以 … 続きを読む

A.B.C-Z戸塚祥太「通販で木刀を買いました」 冨岡健翔「ジャニーズJr.22歳定年制」に言及

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 舞台「未来記の番人」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登場した。  本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里 … 続きを読む

岡田将生、志尊淳に熱い思いをぶつける 「これがなかったら抱きしめている」

映画2021年1月22日

 映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、志尊淳、平手友梨奈と森ガキ侑大監督が登壇した。  本作は、霊がはらえる男(岡田)と霊が見える男(志尊)が、除霊という特殊能力を使い怪奇事件に挑む、 … 続きを読む

page top