神田沙也加、念願のイライザ役に感激! 「私がやる意味をちゃんと見つけたい」

2018年5月24日 / 18:03

(左から)別所哲也、神田沙也加、朝夏まなと、寺脇康文

 舞台「マイ・フェア・レディ」の制作発表記者会見が24日、東京都内で行われ、出演者の朝夏まなと、神田沙也加、寺脇康文、別所哲也、相島一之、今井清隆、平方元基、前田美波里、演出のG2氏が出席した。

 英ロンドンの下町を舞台に、花売り娘イライザが、言語学者ヒギンズ教授のレッスンにより“麗しき貴婦人”に変貌していく姿を描いた名作ミュージカル。主演のイライザ役を演じるのは、元宝塚歌劇団宙組トップスターの朝夏まなとと、女優の神田沙也加。ヒギンズ教授役を寺脇康文と別所哲也がWキャストで務める。

 昨年11月に宝塚歌劇団を退団した朝夏は、「退団後の初ミュージカルが伝統ある作品で大変光栄。“女優さん”として今までとは全く違うことに挑戦していくので今は不安とワクワクでいっぱい。共演者の方からたくさん学び、新しい道をしっかり歩んでいきたい」と笑顔で意気込みを語った。

 一方の神田は、本作を何度も観劇してきた大ファン。「イライザ役を目指してミュージカルを志してきたので、役が決まった時は、泣き崩れたし大声で叫んでしまいました」とエピソードを披露。「大人になってからも、私の目標であり続けた作品」だといい「こうして立たせていただくからには、私であった意味を自分でちゃんと見つけたいし、皆さんにもばっちりと提示できたら」と言葉に力を込めた。

 また朝夏と組む寺脇は、「(彼女は)男役トップですから、がさつなイライザは二重丸で出来ると思う。ただ淑女になってからのイライザに不安があるようなので、そこをフォローしながらやっていけたら」と語り、「お酒でも一緒に飲みながら、作り上げていきましょう」と朝夏に呼び掛けた。

 一方、神田と組む別所は、「こうして横にいるだけで瞳がキラキラしていて、吸い込まれそう。僕らもまずは“飲みニケーション”から」と提案。しかし、神田が下戸と知ると「では僕らは英国ばりに、お茶会で…」と言い換え、笑いを誘っていた。

 舞台は9月16日~30日、都内の東急シアターオーブで上演。その後、福岡、広島、大阪、愛知、大分と巡回公演する。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top