岡田将生「皆さん、僕と距離を取ろうとする」 “痛い男”熱演で女優陣にも嫌われた!?

2018年1月11日 / 10:53

モンスター級の“痛い男”を演じた岡田将生

 映画『伊藤くんAtoE』の公開直前イベントが10日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生と木村文乃が登場した。 

 容姿端麗、自意識過剰、無神経な28歳のフリーター・伊藤誠二郎を熱演した岡田。イベントには、映画の内容にちなみ「痛い恋愛経験のある女性」、もしくは「伊藤くんのような“痛い男”に振り回されたい願望のある女性」合わせて110人が集結。木村が「伊藤くんというよりは、岡田くんに振り回されたい女性たちですよね!?」と突っ込みを入れると、岡田は「僕に関しては(女性を)振り回すことはないですからね。違いますからね!?」と、あくまで“痛い男”は役柄だけだとアピールしていた。

 そんな岡田は、役柄のために女優陣にも敬遠されたと主張。「お芝居の最中は“伊藤くん”なので、楽しみながら相手の嫌がるようなことをどんどんやっていたのですが、『カット』の声が掛かると、大体(相手役の)皆さん、嫌な顔をするんです。(カット後も)延長して僕と距離を取ろうとするので、勝手に一人で傷ついていました」と苦笑いで振り返った。伊藤に追い詰められる女性・莉桜を演じた木村も、伊藤くんを好きになれないことを認めつつ、「どんなに伊藤くんにコテンパンに言われても、結局、愛されキャラというか、『それが面白い』と落ち着くのって、岡田さんが演じているからこそなんだと思う」と岡田の天性のキャラをたたえた。

 また、“痛い恋愛”エピソードとして、客席の女性が、過去に男につきまとわれた恐怖体験を紹介すると、岡田は「俺もあった」と思い出したようにコメント。「中学生の時、どれだけ時間を変えても車両を変えても絶対にいた」と明かし、すかさず「何で今言っちゃったんだろう。後で(事務所に)こっぴどく怒られそう」と肩を落とした。「好きな男性に毎日長文メールを送っていた」という女性の告白には、「重い…。僕だったら、ちゃんと読みますけど『長過ぎるからもうちょっと簡潔に』と言うかもしれません」と話していた。

 映画は1月12日から全国公開。

岡田将生(左)と木村文乃


芸能ニュースNEWS

宮崎あおい、結婚祝福の声に笑顔 「着物の着付けを改めて学びたい」

トレンド2018年1月16日

 「マイナビ転職」新CM発表会「“賛成!あたらしい生き方”応援式」が16日、東京都内で行われ、女優の宮崎あおいが出席した。 続きを読む

舞台「幕張の女」が開演 3本立てのオムニバス

舞台・ミュージカル2018年1月16日

 演劇ユニット「ジグジグ」によるオムニバス公演「幕張の女」が17日から、東京都内の上野ストアハウスで行われる。  旗揚げ以来、1000人規模の動員を続ける「ジグジグ」の公演第4弾は、3本立てのオムニバス。作・演出は堤泰之氏が担当している。 … 続きを読む

染谷将太「撮影は夢のような時間」 高野山東京別院でのヒット祈願に「興奮で鳥肌が立った」

映画2018年1月15日

 日中共同製作映画『空海―KU―KAI―美しき王妃の謎』の完成報告と大ヒット祈願が15日、東京都内で行われ、出演者の染谷将太、阿部寛、チャン・ロンロン、松坂慶子、火野正平、原作者の夢枕獏氏、チェン・カイコー監督が出席した。  この日、会場と … 続きを読む

西田敏行「ライバルは役所広司と村上虹郎」 4度目の優秀助演男優賞で「最優秀、取りたい」

映画2018年1月15日

 「第41回 日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、東京都内で行われ、3月2日の授賞式で司会を務める俳優の西田敏行と女優の宮沢りえが会見した。  5年連続8度目の司会となる西田は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞も受賞した。こち … 続きを読む

竹内涼真、インフルエンザ後の体調は「完璧です」 “リフティング連続38回”の腕前を披露

トレンド2018年1月15日

 「ソフトバンク 新サービス記者発表会」が15日、東京都内で行われ、同社の新CMに出演する竹内涼真、生瀬勝久、壇蜜、志尊淳が登場した。 続きを読む

page top