桑子真帆アナ、平昌五輪開会式キャスターに 紅白総合司会と「どちらも大変なプレッシャー」

2017年12月21日 / 10:25

平昌冬季五輪の現地キャスターに起用された桑子真帆アナウンサー

 NHKは20日、来年2月開催の平昌冬季五輪の現地キャスターを発表した。開会式を担当する桑子真帆アナウンサーと冨坂和男アナウンサー、閉会式を担当する杉浦友紀アナウンサー、「ナビゲーター」として出演する女子元モーグル選手の上村愛子氏の4人が、同局で行われた会見に出席した。

 桑子アナは、夜の報道番組「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めて1年目。五輪放送に携わるのは初めてといい、「この大役が務まるのか不安ですが、何と言っても隣にいるのがオリンピックの大大大先輩である冨坂アナなので、本当に心強く思っています」と笑顔であいさつした。また、開会式を「いよいよ始まるんだというドキドキ感や、選手がどんなパフォーマンスをするのだろうといったワクワク感が詰まった瞬間」と表現し、「会場の興奮を全身で感じ取って、皆さんにお伝えできたら」と意気込みを語った。

 大みそかに行われる「第68回 紅白歌合戦」では総合司会を担当する桑子アナだが、「実は、平昌のお仕事のほうを先に聞いていました。どちらも大変なプレッシャーですが、今は直近の紅白で頭がいっぱいです」と本音を漏らした。

 一方、前回のソチ五輪でも現地キャスターを経験した杉浦アナは「ソチの時は防寒グッズとして『毛糸のパンツを持っていく』と会見で言いましたが、平昌は風が強いと聞いているので、それに勝る防寒グッズをリサーチしようと思っています」とコメント。桑子アナが「いわゆる発汗してくれるインナーの『極』がつくものをはじめ、足先に貼るカイロなどを持っていこうと思います」と言うと、すかさず「私が毛糸のパンツをプレゼントします」と提案して、会場を盛り上げた。

 なお、冨坂アナ、杉浦アナ、上村氏は中継番組も担当する。

(左から)桑子真帆アナウンサー、冨坂和男アナウンサー、上村愛子氏、杉浦友紀アナウンサー


芸能ニュースNEWS

妻夫木聡、当選金の10億円で「家を建てたい」 今年の漢字1文字は「耐」

CM2020年11月24日

 「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントが24日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が出席した。  1等・前後賞合わせて10億円と超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ宝く … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

page top