桑子真帆アナ、平昌五輪開会式キャスターに 紅白総合司会と「どちらも大変なプレッシャー」

2017年12月21日 / 10:25

平昌冬季五輪の現地キャスターに起用された桑子真帆アナウンサー

 NHKは20日、来年2月開催の平昌冬季五輪の現地キャスターを発表した。開会式を担当する桑子真帆アナウンサーと冨坂和男アナウンサー、閉会式を担当する杉浦友紀アナウンサー、「ナビゲーター」として出演する女子元モーグル選手の上村愛子氏の4人が、同局で行われた会見に出席した。

 桑子アナは、夜の報道番組「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めて1年目。五輪放送に携わるのは初めてといい、「この大役が務まるのか不安ですが、何と言っても隣にいるのがオリンピックの大大大先輩である冨坂アナなので、本当に心強く思っています」と笑顔であいさつした。また、開会式を「いよいよ始まるんだというドキドキ感や、選手がどんなパフォーマンスをするのだろうといったワクワク感が詰まった瞬間」と表現し、「会場の興奮を全身で感じ取って、皆さんにお伝えできたら」と意気込みを語った。

 大みそかに行われる「第68回 紅白歌合戦」では総合司会を担当する桑子アナだが、「実は、平昌のお仕事のほうを先に聞いていました。どちらも大変なプレッシャーですが、今は直近の紅白で頭がいっぱいです」と本音を漏らした。

 一方、前回のソチ五輪でも現地キャスターを経験した杉浦アナは「ソチの時は防寒グッズとして『毛糸のパンツを持っていく』と会見で言いましたが、平昌は風が強いと聞いているので、それに勝る防寒グッズをリサーチしようと思っています」とコメント。桑子アナが「いわゆる発汗してくれるインナーの『極』がつくものをはじめ、足先に貼るカイロなどを持っていこうと思います」と言うと、すかさず「私が毛糸のパンツをプレゼントします」と提案して、会場を盛り上げた。

 なお、冨坂アナ、杉浦アナ、上村氏は中継番組も担当する。

(左から)桑子真帆アナウンサー、冨坂和男アナウンサー、上村愛子氏、杉浦友紀アナウンサー


芸能ニュースNEWS

「恋はDeepに」綾野剛が石原さとみに“不意打ちキス” 「キス後に爆裂にテンパるところが推せる」

ドラマ2021年5月6日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第4話が、5日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  海音の話を聞き … 続きを読む

「着飾る恋」横浜流星の“手つなぎ告白”に反響 「ナチュラルな告白がどストライク」

ドラマ2021年5月5日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第3話が、4日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ているヒロイン・真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分ら … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」“かごめ”市川実日子に共感の声 “とわ子”松たか子との「関係性がすてき」

ドラマ2021年5月5日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、4日に放送された。  とわ子(松)の30年来の親友・かごめ(市川実日子)が、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)から食事 … 続きを読む

「イチケイのカラス」バレリーナ役の生田絵梨花に賞賛の声 “石倉”新田真剣佑の「職務を全うする姿が格好いい」

ドラマ2021年5月4日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第5話が、3日に放送された。  入間(竹野内)の下に、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人はバレエ団の代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はバレエ団の元トレ … 続きを読む

「ドラゴン桜」“桜木”阿部寛の「新しい勉強法が楽しみ」 “楓”平手友梨奈の試合シーンが「イケメン過ぎる」

ドラマ2021年5月3日

 阿部寛が主演するドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の第2話が、2日に放送された。  本作は、低偏差値の私立龍山高校にやって来た伝説の弁護士・桜木建二(阿部)が、生徒たちを東大に合格させるべく奮闘する姿を描いたドラマ「ドラゴン桜」の続編。   … 続きを読む

amazon

page top