阿部寛、松嶋菜々子は「やっぱり超きれいだな…」 松嶋も阿部にラブコール!?

2017年12月12日 / 18:42

阿部寛(左)と松嶋菜々子

 映画『祈りの幕が下りる時』の完成記念レッドカーペットイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、福澤克雄監督が登場した。

 東野圭吾氏原作の「新参者」シリーズは、2010年4月に連続ドラマとしてスタートした。その後、2本のスペシャルドラマ、そして映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』を経て、ついに本作で“シリーズ完結”を迎える。

 8年にわたり主人公の刑事・加賀恭一郎を演じてきた阿部は、「8年前はエキセントリックな役が多く、ここまで真っすぐな役をやらせてもらうことがなかった。加賀恭一郎というのは、僕の基盤であって、何年かに一度帰ってこられる役者の芯の部分。今回が“最後”ということで、すごく寂しい思いがありますが、その分、素晴らしい作品に仕上げようと頑張りました」と熱い思いを口にした。

 一方、事件の鍵を握る舞台演出家・浅居博美役で初参加した松嶋は「ドラマなどを拝見していたので、初めて阿部さんとお会いしたときに『加賀さんがいる!』と、とても感動しました」と語った。

 今回は、阿部と対峙(たいじ)する役どころで「ちょっと謎めいた女性なのですが、印象に残る役作りができればと思って臨みました」と振り返った。

 初共演となった2人。阿部が「松嶋さんは、本当に心からお芝居をされる方。勝手に『家政婦のミタ』のイメージで、すごくクールで堅い人だと思っていたら、全然…! 初めてお仕事をご一緒するとは思えないほど、すごく温かいものを感じました」と印象を語った。

 松嶋も「加賀さんの、ちょっとおちゃめだったり、ひょうひょうとされている部分を、阿部さんも持ち合わせていると思う」と語り、「ぜひまた違った役でもご一緒できたら」とラブコールを送った。

 劇中には、加賀が博美を見詰めながら「やっぱり超きれいだな…」とつぶやくシーンが登場する。「実際にあのせりふを言った時の心境は?」と尋ねられた阿部は「本当に言いやすかった。あれは、完全に『一発OK』でした。顔の表情も(自然で)一番気に入ってます」と明かした。

 これには松嶋も「役柄がそういう設定だったので、(超きれいと)言っていただけてうれしかったです」とはにかんだ。

(前列左から)田中麗奈、阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、(後列左から)、福澤克雄監督、春風亭昇太、伊藤蘭、小日向文世、飯豊まりえ


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top