山田涼介“ハガレン”初日に「ドキドキ」 サプライズプレゼントは「家宝です!」

2017年12月2日 / 17:13

(前列左から)本郷奏多、松雪泰子、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、(後列左から)曽利文彦監督、内山信二、佐藤隆太、小日向文世、水石亜飛夢

 映画『鋼の錬金術師』の公開記念舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介(Hey!Say!JUMP)、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、内山信二、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子と曽利文彦監督が出席した。

 本作は、幼き日に最愛の母を亡くした兄エドと弟アルの波乱に満ちた冒険と成長の物語を描いた、荒川弘氏の同名漫画を実写映画化したもの。

 エド役の山田は「撮影が終わったのは1年半ぐらい前。いよいよ公開ということで、ドキドキワクワクしています」とあいさつ。鑑賞後の観客に「楽しんでいただけたでしょうか?」と質問し、大きな拍手が湧くと、ホッとしたような笑顔を見せた。

 小日向は「この作品の出演依頼が来たときに、僕よりも2人の息子が『ヤバイ!』と狂喜乱舞した」というエピソードを披露した。

 松雪も、オファーが来たときにまず息子に相談したそうで「『どう思う?』と聞いたら『絶対にやって』と言われて。スタジオに息子を連れていって、見学させてもらったりもしたんです」と裏話を語った。

 満員の客席を見渡した曽利監督も「この光景は本当に泣きそう。今日は胸がいっぱいです」と感無量の様子だった。

 曽利監督は「素晴らしいキャストに恵まれ、豪華な(作品である)のはもちろん、原作のテーマである“命”ということをしっかり描いたつもりです。派手な映画ではありますが、その“命”というテーマが伝われば非常にうれしいです」と言葉に力を込めた。

 イベント中盤には、弟アルの声優を務めた水石亜飛夢もサプライズで登場。「兄さん!僕も来ちゃった」と笑顔を見せる水石に、山田は「アル…!」と驚き、隣に並んだ本田に向かって「翼ちゃん…。ちっちゃい声で『おっきいね~』と言うのはやめてください」と水石との“身長差”を意識した発言で、笑いを誘った。

 そんな山田が水石から手渡されたのは、原作者の荒川氏が「劇中にしかないワンシーン」を漫画で描いた生原稿。さらに荒川氏からのメッセージとして「また新しい鋼が見られることが単純にうれしいです!」というコメントが読み上げられた。

 山田は「これ以上ない幸せ。原作ファンの自分が映画に出られるだけでも幸せなのに、自分がやったワンシーンを描いていただけるなんて…。これはもう家宝です」と感激しきりの様子だった。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top