生田斗真&広瀬すず、和装でヒット祈願! 生田「振り袖姿が超絶かわいい」

2017年10月24日 / 16:57

振り袖姿で登場した広瀬すず

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の大ヒット祈願イベントが24日、東京都内の東郷神社で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すずが登場した。

 河原和音氏の人気少女コミック『先生!』を実写映画化した本作は、高校2年生の響(広瀬)が世界史の教師・伊藤(生田)に対して抱く、生まれて初めての恋心の行方を描く。

 この日、生田はスタイリッシュな着物姿、広瀬はきらびやかな振り袖に身を包んで神社内に敷かれたレッドカーペットに登場した。

 それぞれの印象を問われると、生田は広瀬を見つめながら「超絶かわいい。それだけです」とにっこり。広瀬も「超絶かっこいいです」とお互いを褒め合い、照れ笑いを浮かべた。

 また「着物を着て2人で行ってみたい場所は?」と聞かれると、生田は「歌舞伎でも観劇に行きたいです。着物を着て行った経験がないので…」と回答。広瀬は「船に乗りたいです。船の上でご飯を食べたりできるじゃないですか。着物を着て…というのに憧れがあります」と声を弾ませた。

 2人は同所で、日本全国から寄せられた「恋愛成就の絵馬」を代表して奉納し、映画のヒット祈願を行った。

 2人がそれぞれの願いをしたためた“巨大絵馬”も登場。「みんな健康」と願いを読み上げた生田は「やっぱり恋をするのも仕事をするのも健康が一番なので」と説明。「すてきな恋ができますように」と書き込んだ広瀬も「日々、『先生!』のプロモーションを行ったりする中で“恋っていいな”という気持ちになれたので、この映画にちなんでこのお願いごとにしました」と明かした。

 さらに、理想の恋のシチュエーションを尋ねられた広瀬は、本作の内容に触れながら「先生と生徒ぐらいの、絶対ないでしょ…!と思うような年齢の差だったり、今回の役柄には憧れがあります」と語った。

 一方「お互いに好きになっちゃってもいいかな…と思った部分は?」と聞かれると、広瀬は生田の「本当に優しいところ」を挙げ、「プロモーションで地方に行った時にものすごい大勢の人に囲まれたのですが、誘導してくださった。完成披露の時も私がヒールを履いていたりすると手を差し出してくださるので、その時も優しいなと思いました」と生田への感謝を口にした。

 生田も「すずちゃんは字はすごくきれいなんですよ。昔から字がきれいな女性に引かれる部分があるので、すずちゃんの書く字を見た時はハッとしました」と笑顔で語った。

 映画は10月28日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

佐々木希、白いドレス姿で表参道に登場 クリスマスは「料理を作ってまったりしたい」

イベント2021年12月8日

 スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ表参道ブティック」オープニングイベントが8日、東京都内で行われ、女優の佐々木希、アーティストの村上隆氏が登場した。  佐々木は、屋外のイベントに真っ白なロングドレス姿で登場。あいにくの雨模様となったが、村 … 続きを読む

世良公則「カムカムエヴリバディ」で柳沢定一役 「僕の10代の頃を追体験しているようです」

ドラマ2021年12月8日

 上白石萌音が初代ヒロインの安子を演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。安子が夫の稔(松村北斗)を通じて交流するようになった、ジャズ喫茶を営む柳沢定一役の世良公則からインタビューコメントが届いた。  定一は、ジャズをこよなく愛 … 続きを読む

大泉洋「監督が褒めないから皆不安になる」 門脇麦「大泉さんといるときだけ監督は楽しそう」

映画2021年12月8日

 Netflix映画『浅草キッド』配信記念イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の柳楽優弥、大泉洋、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美、監督・脚本の劇団ひとりが登壇した。  本作は、若き日のビートたけし(柳楽)の姿と、その師匠・深見千 … 続きを読む

令和版「東京ラブストーリー」“さとみ” 石井杏奈の押し掛け女房ぶりにイライラ 「リカのはがきを読んだりして、さとみ怖い」

ドラマ2021年12月8日

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の9話「遠く離れても」が、7日深夜に放送された。  本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービ … 続きを読む

「ハンオシ」“百瀬”坂口健太郎が「不器用でいとおしい」 ラストの衝撃展開には「感動の涙も引っ込んだ」と驚きの声も

ドラマ2021年12月8日

 清野菜名と坂口健太郎が出演するドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第8話が、7日に放送された。  本作は、独身を満喫している27歳の大加戸明葉(清野)と、ある理由から“既婚者”の肩書が欲しい広告代理店勤務のサラリーマン・百 … 続きを読む

amazon

page top