斎藤工、シンガポール観光大使に就任 共演した松田聖子は「聡明な方」

2017年8月25日 / 17:16

シンガポール観光大使に就任した斎藤工

 「シンガポール 新ブランド発表会」が25日、東京都内で行われ、シンガポール観光大使に就任した俳優の斎藤工、広告ビジュアルを手掛けたシンガポール出身の写真家レスリー・キー氏が登壇した。

 キー氏と長年親交がある斎藤は、大使就任について「とても光栄です」と喜びのコメントを。キー氏をはじめ、シンガポール人との仕事を通じ「一緒に何かすることで足し算でなく、掛け算になることを皮膚感覚で感じてきた」と話した。

 観光大使として「食だったり文化、ファッションなど、素晴らしいものがいろいろありますが、何よりも人。温かい人と人をつなげる役割を果たしたい」と意気込みを語った。

 2人が知り合ったのは18年前。キー氏が「僕がまだ写真家として1年目の時に、ある撮影現場で会った。私の友人から『(彼は)18歳で顔もきれいでキラキラ。今すぐ撮影したい方がいい』と言われ…」と振り返った。

 斎藤も「そこからだいぶ年を重ねて、おじさんになりましたけど、人生の半分をレスリーと過ごしている」と感慨深げに語った。

 キー氏に対しては「日本国内で仕事をしようとしていた僕にもっと広い視野を持つようにと、刺激を送り続けてくれる人」と感謝しきりだった。

 またキー氏が撮影した、自身の18年間をまとめたアートブックを来春に発売することも報告。斎藤は「年がいもないかなと思ったけど、レスリーとの歴史は人生の半分。自分の今までの時間を形にすることで、また未来につながると思う。僕も今からワクワクです」と期待を口にした。

 さらに日本とシンガポールの合作映画「ラーメン・テー」(来年公開)にも主演する斎藤。「駄目もとでスカイプのオーディションを受けたら、幸いにも主演をやらせていただくことに」と経緯を説明し、共演した松田聖子については「聡明で英語も堪能な方で、英語が母国語なんじゃないかというぐらい。感覚的にも日本の枠に収まる方じゃない」と絶賛した。

 現場では松田の歌も話題にのぼったそう。「聖子さんはアジア圏で絶大な人気でして、スタッフさんは日本語が分からなくても聖子さんの歌なら分かる。アジアをエンターテインメントでつないでくださっている方」と尊敬の念を口にした。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top