葵わかな、慶大進学も“大阪生活”が決定 今後については「まず入学式に行ってから…」

2017年3月10日 / 07:30

朝ドラのヒロインに決まった葵わかな

 NHKが9日、平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」(大阪放送局制作)のヒロインが女優の葵わかなに決まったことを発表した。

 連続テレビ小説・第97作となる「わろてんか」は、明治後期から第二次世界大戦直後の大阪を舞台とした物語。吉本興業の創業者である吉本せいをモチーフに、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」に生まれたヒロイン・藤岡てんが、日本で初めて笑いをビジネスにした女性と言われるまでの奮闘を描く。

 この日、都内の同局で行われた会見で、葵は「朝ドラオーディションを受けるのは今回が3回目でした」と告白。念願の合格に「夢のよう。年代問わずみんなが愛している番組だと思うので、私が一番(ヒロインに)決まると思っていなかったぐらいです」と感激しきりだった。

 撮影は、大阪、京都などで行われるが「ずっと一人暮らしがしてみたかった」という葵は「まさかこういう形で(願いが)かなうと思っていなかったのでとても楽しみです」とニッコリ。また「大阪はおいしいものが多いと聞くので、撮影期間中にたくさんいろんなものを食べられたら」と声をはずませた。

 一方で、4月から慶應義塾大学総合政策学部への進学も決定している葵。大学生活と女優業との両立について聞かれると「昨日オーディションの結果を知ったばかり。まだ入学式にも行っていないので、行ってみてからかなと思っています」とまだ先が読めない様子だった。一方で、これまでを振り返り「(受験の時も)お仕事はしていたので、両立はしていました。学びたいから(大学に)行きたいと思いがあったので、大変でしたが学校の先生や友だちにたくさん支えてもらって乗り越えられたと思っています」と大学合格に至るまでの周囲のサポートに感謝を述べた。

 会見後、制作統括の後藤高久氏は、撮影が5月中旬から始まるにあたり「(葵さんは)基本的には大阪に住むことになります」と説明。大学生活への影響については「その辺はちょっと。我々は彼女にお芝居のことをお願いしたので、両立できるのであればもちろんいいのですが、これから彼女が決めていくことになるかな…と思います」と話した。

 「わろてんか」は2017年10月2日~18年3月31日、全151回放送。


芸能ニュースNEWS

東京女子流「ずんだ」のアロエヨーグルトを試食 “考案者“新井ひとみ「すごくおいしい!」

トレンド2019年1月19日

 「森永アロエヨーグルト 天下一フレーバー限定試食会」が19日、東京都内で行われ、東京女子流(山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生)が登場した。 続きを読む

瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

ドラマ2019年1月19日

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。  藤沢周平原作の本作は、とある謎めい … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉に悪役を提案 「いい人じゃ駄目。とことん悪くないと」

映画2019年1月19日

 映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。  本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田(木村)と、彼 … 続きを読む

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

page top