福士蒼汰、ビスラマ語に初挑戦、英語に加え「スペイン語も勉強したい」  工藤阿須加は父・工藤公康監督譲りの速球披露

2017年6月9日 / 11:44

「次はスペイン語を勉強したい」と話した福士蒼汰

 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ティーチイン付き舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、工藤阿須加と成島出監督が出席した。

 本作は、「長時間労働」「パワハラ」「自殺」などといった現代に即した重いテーマを扱い、“働く人”の共感の涙を誘った、北川恵海氏による同名小説を映画化。ブラック企業で働くサラリーマン・青山隆を工藤、青山を希望へ導く謎の男・ヤマモトを福士が演じた。

 福士はヤマモトが話す大阪弁のほか、映画の冒頭と最後に登場するバヌアツ共和国の公用語ビスラマ語にも初挑戦。次に習得したい語学について「今は英語を勉強しているのですが、次はスペイン語を勉強したい」と意欲を語り、たびたび大の犬好きをアピールしながら「犬語も半分くらいは聞き取れるようになりました。だいたいわかります」と笑わせた。

 また、集まったファンへのサプライズプレゼントとして、3人が3つずつのサインボールを客席に投げ込んだ。すると1つのボールがうまくキャッチされずにステージに戻り、工藤が投げ直すことに。ライナー性の豪快な投球で客席後方まで飛んだが、工藤は「大丈夫ですか? 遠くに投げようとしたらスピードが出ちゃってやばいと思った。大丈夫みたいでよかった」と飛んだ先のファンの無事を確認し、安どの笑顔を見せた。

 福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督を父に持つ工藤のスローイングには、司会者らも「さすが!」「血を感じますね」と大興奮。さらに、“プロ野球選手”の父親ならではのエピソードとして「家にいることが少なくて、平日に学校を早退して旅行に行ったりしていました。僕もできるだけ家族の時間が作れる父親になれれば」と明かしていた。

 舞台あいさつに出席した、(左から)工藤阿須加、福士蒼汰、成島出監督


舞台あいさつに出席した、(左から)工藤阿須加、福士蒼汰、成島出監督


芸能ニュースNEWS

高橋一生「さらにうまくなった」 ももクロ百田&麒麟川島と朝から乾杯!

トレンド2020年2月25日

 新しい「本麒麟」完成披露会が25日、東京都内で行われ、高橋一生、川島明(麒麟)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)がゲストとして登場した。 続きを読む

水嶋ヒロ「もう無理って思ったけど」 4歳長女が、3人目をおねだり

映画2020年2月25日

 「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」の完成披露イベントが25日、東京都内で行われ、本作の映画応援アンバサダーを務める水嶋ヒロが登場した。  本作は、ベネッセコーポレーションの子ども向け通信教育教材「こどもちゃれんじ」の人気キャ … 続きを読む

安田顕「壁ドンで誰にほれるか決めたい」 鈴木浩介「来世では結婚しようと思っている」

舞台・ミュージカル2020年2月25日

 舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~」の制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の安田顕、大谷亮平、鈴木浩介ほかが登壇した。  本作は、1968年にオフブロードウェーで初演され、1000回を超える公演を重ねた傑作 … 続きを読む

日向坂46、記者に扮して突撃取材! 加藤史帆「総理大臣にインタビューしたい」

トレンド2020年2月21日

 新番組「日向坂46です。ちょっといいですか?」記者発表会が21日、東京都内で行われ、日向坂46の加藤史帆、斉藤京子、佐々木久美、東村芽依、金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが出席した。 続きを読む

高畑充希、山崎賢人の『ヲタ恋』顔芸を世界にアピール 「国境を越えると思う」

映画2020年2月21日

 映画『ヲタクに恋は難しい』大ヒット記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の高畑充希、山崎賢人が登壇した。  本作は、漫画、アニメ、BL(ボーイズラブ)をこよなく愛する“隠れ腐女子”(高畑)と“重度のゲームヲタク”(山崎)という … 続きを読む

page top