岡田准一、パンチングマシーンで実力披露 中学以来の挑戦も「221キロ」をマーク

2017年4月12日 / 20:21

岡田准一が挑戦したパンチングマシーン

 久光製薬「フェイタス」の新CM発表会が12日、東京都内で行われ、イメージキャラクターに起用された俳優の岡田准一が出席した。

 今回の起用に岡田は「普段から、トレーニングとか痛みがつらい時や、次の日に(痛みを)持ち越したくない時に貼っていたので光栄です」とニッコリ。「自分も効くと実感している商品。皆さんの愛用品になれるように一生懸命頑張っていきたい」と意気込んだ。

 新CM「嫉妬する男」篇は、刑事ドラマの撮影現場という設定。銀行を襲撃した5人の覆面強盗と対峙した刑事役の岡田が、キレの良いアクションで強盗をなぎ倒す。岡田は「監督が結構厳しい方だった。『3秒以内に(一連のアクションを)終わらせてくれ』『始まる位置と終わる位置は必ずここにしてほしい』などとこだわりがすごいあって。その中でいかに良く(アクションを)見せていくかを考えながらやりました」と振り返った。

 また今秋オンエア予定の「続・嫉妬する男」篇は、時代劇の撮影現場が舞台。5人の忍者に囲まれた岡田が、にらみ合いの後、見事な剣術で忍者を斬り倒すというもので、ここでも岡田は、監督から「最後は中央で終わらせて」「顔をもう少し上げて」などと細かい指示を受けたそう。それでも「スタントマンの方は何作か一緒に戦ったことがある方。大体知り合いなので『今日もよろしくお願いします』と言って息を合わせて、楽しい雰囲気でやりました」と和やかに進行した撮影を振り返った。

 会場では、そんな岡田の身体能力を証明するべく、パンチ力測定を実施することに。用意されたパンチングマシーンを見て、岡田は「中学生ぐらいの時にやったことがありますが久しぶりですね」と懐かしそう。直前には比較対象として、岡田と同年代のスタッフが同マシーンに挑戦し「119キロ」という結果を披露した。

 岡田は「これがアクションと関係あるのか分からない」と苦笑しながらも「フェイタスを貼ってきたのでガンガン動けると思います」と自信たっぷり。1回目の挑戦で「166キロ」をマークすると、会場からはどよめきが上がった。「もう少しいけるんじゃないですか?」とあおられた岡田は再度挑戦し「221キロ」をマーク。満足げな岡田は「これ、『フェイタス』と言ってやると上がるらしいですよ。まさに痛みに貼るフェイタスですから」とノリノリだった。

 新CM「嫉妬する男」篇は、4月15日からオンエア。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「夏は『咲-Saki-』に捧げている」 共演者は「浜辺さんが美しくて、美しくて」

映画2018年1月20日

 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、浜辺美波、伊藤萌々香、恒松祐里ほかが登壇した。  本作は、少女たちのマージャンに懸ける情熱を描いた『咲-S … 続きを読む

斎藤工、アルバイトで経験した“悲劇”を語る 今年の抱負は「領収書の月ごとのファイル分け」

映画2018年1月20日

 映画『パディントン2』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、吹き替え版のボイスキャストを務めた松坂桃李、古田新太、斎藤工、三戸なつめが登壇した。   本作は、ペルーから英ロンドンにやって来た“紳士過ぎる”クマのパディントンとブ … 続きを読む

高橋一生、宣伝スタッフの名前を連呼 長澤まさみ、長風呂で汗を拭かずに我慢

映画2018年1月20日

 映画『嘘を愛する女』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、 出演者の長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督登壇した。  本作は、5年間一緒に暮らしていた恋人の全てが偽りだったことが分かったキャリアウー … 続きを読む

「新人内さまライブ」でペンギンズが優勝! 「三村さんの一言が自信に」

トレンド2018年1月20日

 内村光良とさまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)が司会を務めるネタバトル大会「新人内さまライブ チャンピオン大会2017」が19日、東京都内で行われ、お笑いコンビのペンギンズ(アニキ、ノブオ)が王者となった。 続きを読む

小室哲哉、相手女性との男女の関係は否定 「精神的なものの支えになっていた」

ニュース2018年1月19日

 18日発売の週刊誌で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で会見を行った。  黒いスーツ姿で登場した小室は「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と音楽活動からの引退を発表。報じられた看 … 続きを読む

page top