大竹しのぶ、若者たちに恋愛推奨! 「傷ついてもいいから愛そうぜ」

2017年4月6日 / 20:55

フェードル役の大竹しのぶ

 舞台「フェードル」の囲み取材&公開フォトコールが6日、東京都内で行われ、出演者の大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、キムラ緑子、今井清隆が登壇した。

 ギリシャ悲劇を題材に、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌが創り上げた名作。大竹は、アテネの王テゼの妻でありながら、義理の息子イッポリットへの思いに身を焦がすフェードルを演じる。

 舞台上で“狂おしいほどの愛”を体現する大竹は「今の時代、愛することに臆病になっている若者たちに、傷ついてもいいし失恋してもいい、相手を憎いと思ってもいいから愛そうぜ…と思わせてくれる作品」と魅力をアピール。

 さらに「古典だけど全然わかりやすい。人を愛するってこんなに激しいことなんだ、命を懸けて愛するってこんなにすがすがしいんだと、見ていても気持ちがいい」と力説した大竹は「美しい言葉の力を感じるお芝居。天国にも行けるし地獄にも行ける。芝居とはこういうものなんだ…と改めて感じさせられる」と役者としての喜びも口にした。

 そんな大竹演じるフェードルは、苦しみの末、義理の息子(平)に自分の恋心を打ち明けるが、彼の心にあるのはテゼに反逆したアテネ王族の娘アリシー(門脇)だった…と物語は展開する。

 「やればやるほど次の大きな壁が出て来る。毎日、汗だくになりながらやっている」と稽古の様子を紹介した平は、愛を迫ってくるフェードル役の大竹について「怖いです」と感想を一言。これに大竹は「アハハ! 失礼な! でも分かります…。(平さんは)麦ちゃんを好きな役だから。そりゃこっち(麦ちゃん)を選ぶだろうなって」と諦めを見せながらも「(私を)すごく怖がってるのが分かる。なんでそこまで怖がるかなって」と苦笑いだった。

 また、昨年10月に亡くなった俳優の平幹二朗さんの息子である平は「父が昔『こういう役がいつかできたらいいね』と言っていたんです」と語るなど、この役に強い思い入れがある様子。

 幹二朗さんと共演の多かった大竹も「私は20歳ぐらいの時に映画で(初めて)お会いしました。お父様の最後の舞台を見に行った時も、楽屋に行ったら『今度、息子を(舞台で)よろしくね』と言われていたので…」と幹二朗さんがこの舞台を楽しみにしていたことを明かした。

 舞台は4月8日~30日、都内のBunkamuraシアターコクーンで上演。

(左から)今井清隆、門脇麦、大竹しのぶ、平岳大、キムラ緑子

(左から)今井清隆、門脇麦、大竹しのぶ、平岳大、キムラ緑子


芸能ニュースNEWS

「青のSP」“隆平”藤原竜也の恋人を殺した犯人が判明 「学校組織は裏がありありって感じ」

ドラマ2021年3月3日

 藤原竜也が主演するドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、2日に放送された。  本作は、公立赤嶺中学校に配属された学校内警察(スクールポリス)の嶋田隆平(藤原)が、学校内外で起こる … 続きを読む

「ボス恋」“潤之介”玉森裕太のプロポーズにキュンキュン 「真っすぐに愛してくれる潤之介、最高」

ドラマ2021年3月3日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第8話が、2日に放送された。  迫り来る音羽堂出版社の吸収合併と「MIYAVI」の廃刊の危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボ … 続きを読む

坂口健太郎「試写を見ていてもウルッときた」 北村一輝「撮影は、ずっと一人だった」

映画2021年3月3日

 『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』完成報告会が2日、東京都内で行われ、出演者の坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋が出席した。  本作は、2018年に放送された連続ドラマをオリジナルストーリーで映画化。現在”を生きる … 続きを読む

尾上松也「朝が弱い」と明かされ苦笑 百田夏菜子「いつもしんどそうだった」

映画2021年3月2日

 映画『すくってごらん』プレ金魚の日スペシャルイベントが2日、東京都内で行われ、出演者の尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、石田ニコルが登場した。  本作は、エリート銀行員(松也)が、左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく … 続きを読む

香取慎吾の「アノニマス」は「最高の教科書」 ネットリンチや告発配信を描く

ドラマ2021年3月2日

 香取慎吾が主演するドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の第6話が、1日に放送された。  本作は、SNSの書き込みによる誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマに、万丞渉(香取)ら警視庁の「指殺人対策室」(指対室)のメンバ … 続きを読む

amazon

page top