葵わかな、最終面接で「ニャンちゅう」の物まね CP「コメディエンヌの才能ある」

2017年3月9日 / 22:09

「わろてんか」のヒロインに決まった葵わかな

 NHKが9日、平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインが女優の葵わかなに決まったことを発表した。

 連続テレビ小説・第97作となる「わろてんか」は、明治後期から第二次世界大戦直後の大阪を舞台とした物語。吉本興業の創業者である吉本せいをモチーフに、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」に生まれたヒロイン・藤岡てんが、日本で初めて笑いをビジネスにした女性と言われるまでの奮闘を描く。

 今回オーディションで2378人の候補者の中から選ばれた葵。この日、都内の同局で行われた会見では「朝ドラオーディションを受けるのは今回が3回目だった」と明かし「まだ(この結果を)自分でも受け止めきれず夢のようだけど、てんちゃんと一緒に成長していけるヒロインを目指していきたい」と笑顔で意気込みを語った。

 制作統括(CP)の後藤高久氏によると、オーディションは「3次のカメラテスト」まで行われ、最後まで残ったのは十数名。「葵さんは方言テープも聞き込んで、違和感ない京都弁を表現してくれた。すごい人だなとスタッフ一同が思った」と評価した。また「最大の決め手は、伸びしろがある人だと感じたこと。10代から50代までと幅広い年齢を演じてもらうにあたり、この人ならできるんじゃないか…という曖昧な自信が生じた。要約するとこの人しかいないと思った」と葵の魅力を語った。

 ヒロイン決定を葵に知らせるべく、きのう8日に「最終面接」と称して本人を大阪のスタジオに呼び出した。後藤氏はそこで「1回、みんなを笑わせてください」と指示を出したといい、葵がそこで披露したのは、同局のEテレに登場するキャラクター「ニャンちゅう」の物まねだった。葵によれば「友だちには絶対ウケる」鉄板ネタだったという。

物まねの出来は…?

物まねの出来は…?

 しかし後藤氏は「葵さんは30秒ぐらい声を張り上げてやってくれたが、誰も笑っていなかった」と当時の状況を説明。その後の囲み取材でも「そんなに悪くもないが目覚ましくもない。(物まねの再現率は)6割程度」と明かして笑わせた。それでも、これまでの審査を通じて「彼女なら深刻なシーンでも笑いを取り入れて演じられる」「彼女にはコメディエンヌの才能がある」と確信していたとのこと。「その才能を発揮してもらえれば、最後には大阪の人に愛される、藤山直美さんに次ぐコメディエンヌになれるんじゃないかと思う」と期待を込めた。

 一方で葵も、物まね終了後、周囲の反応に「これはいけないことをしてしまった」と焦ったそうだが、そこでヒロイン決定を伝えられ「(頭が)ワーッとなりました」。きょうの発表まで結果は極秘扱いで「誰にも絶対に言っちゃいけないと思ったので、両親にもこの会見が始まる30分ぐらい前に電話で初めて伝えました」と喜びを語った。

 連続テレビ小説 「わろてんか」は2017年10月2日~18年3月31日、全151回放送。


芸能ニュースNEWS

「Believe」怒涛の伏線回収ラッシュとめがね橋を歩く狩山夫妻に反響 「陸が図面で顔覆って涙こらえるシーンで涙腺崩壊」

ドラマ2024年6月21日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の 最終話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村) … 続きを読む

「Re:リベンジ」最終話 ラストの展開に「寒気を感じる」「予想を裏切られた」 “海斗”赤楚衛二と“大友”錦戸亮の表情に注目集まる

ドラマ2024年6月21日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の最終話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院の理事会が開かれた。理事長の天堂海斗(赤楚)は、会長である天堂皇一郎(笹野高史)の同席のもと … 続きを読む

目黒蓮、Snow Manへの“メンバー愛”が爆発 「本当に仲がいい友達は応援したくなる」

イベント2024年6月20日

 TVS REGZA 新製品&新グローバルブランドアンバサダー発表会が20日、東京都内で行われ、Snow Manの目黒蓮が登場した。  目黒は、TVブランド「REGZA」の新ハイエンドモデル「X9900Nシリーズ」「Z970Nシリー … 続きを読む

「ブルーモーメント」園部大臣(舘ひろし)の政策活動費開示に称賛の声 「カッコよすぎ」「これが本当の政治家の姿だろうね」

ドラマ2024年6月20日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第9話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

『お母さんが一緒』完成披露上映会 “三姉妹”が乱闘・罵倒シーンを振り返る

映画2024年6月20日

 映画『お母さんが一緒』(7月12日公開)の完成披露上映会が19日、東京都内で行われ、出演者の江口のりこ、内田慈、古川琴音、青山フォール勝ち(ネルソンズ)と橋口亮輔監督が登壇した。  本作は、親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹 … 続きを読む

Willfriends

page top