「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

2017年1月16日 / 17:27

「第40回日本アカデミー賞」授賞式で司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。

 優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』の5作品で、優秀アニメーション作品賞には『君の名は。』映画『聲の形』『この世界の片隅に』『ルドルフとイッパイアッテナ』『ONE PIECE FILM GOLD』の5作品が選ばれた。

 中でも『怒り』は、李相日監督が優秀監督賞と優秀脚本賞を、優秀主演女優賞を宮崎あおい、優秀助演男優賞を妻夫木聡と森山未來、優秀助演女優賞を広瀬すずが受賞するなど、計11部門で受賞したほか、佐久本宝も新人俳優賞に選出された。

 また『シン・ゴジラ』が10部門で受賞したほか、宮崎は『バースデーカード』で優秀助演女優賞を、広瀬は『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞をそれぞれダブル受賞した。

 日本アカデミー賞協会 組織委員会の副会長を務める西田は「昨年の授賞式では頚椎をけがしまして、まったく身動きのできない状態のまま司会を務めさせていただいて…」と謝罪を込めて振り返り、「今年はなんとか体も動くようになりましたし、授賞式を楽しく、滞りなく進行できるよう努めたいと思っています」と語った。

 一方『百円の恋』で昨年の最優秀主演女優賞を受賞した安藤は「昨年、受賞が決まった時に皆さんからお祝いの言葉と同時に『来年大丈夫?』とすごく心配していただくことが多かった」と苦笑交じりに明かし、「この1年、ずっと忘れることなく『来年は司会だ、司会だ』と過ごしておりました」と笑わせた。

 緊張や不安、プレッシャーなどを吐露しながらも「すごい方々と一気にお会いできることはなかなかないので、一映画ファンとしても会場の空気を堪能したいと思っています」と語る安藤に、西田は「不安や心配する自分を含めて楽しんでいただける。そういうキャパシティを持っている女優さんで、表現者だと思う」と期待を口にした。

 授賞式の模様は3月3日午後9時から日本テレビ系で放送。


芸能ニュースNEWS

竹内涼真、写真集の出来に「自信はあります」 “ギャランドゥ”も披露「そらなくてよかった」

トレンド2018年7月21日

 写真集『Ryoma Takeuchi』の発売記念イベントが21日、東京都内で行われ、俳優の竹内涼真が出席した。 続きを読む

福士蒼汰、真野恵里菜に「結婚おめでとう」と祝福 杉咲花は吉沢亮と「会話ができてうれしかった」

映画2018年7月21日

 映画『BLEACH』の公開記念舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮、小柳友、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、佐藤信介監督が登場した。  本作は、死神を代行するはめになった高校生の黒崎一護(福士)が、 … 続きを読む

黒木華「親の強さに『ありがとう』って…」 “家族愛”を感じる瞬間は実家に帰った時

映画2018年7月21日

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が浴衣姿で登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん” … 続きを読む

バカリズムが2.5次元舞台の脚本に初挑戦 佐奈宏紀「僕たちなりの笑いを信じる」

舞台・ミュージカル2018年7月21日

 舞台「ひらがな男子」の初日会見が20日、東京都内で行われ、出演者の佐奈宏紀、高橋健介、武子直輝、後藤大、演出の川尻恵太が登壇した。  本作は、日本テレビで放送中の「アイキャラ」から生まれたキャラクター「ひらがな男子」を基にした舞台で、芸人 … 続きを読む

西銘駿「人の命の重さを感じられる作品」 主演舞台「ダンガンロンパ3」が開幕

舞台・ミュージカル2018年7月20日

 舞台「ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018~The End of 希望ヶ峰学園~」の囲み取材が20日、東京都内で行われ、出演者の西銘駿、岡本夏美、神永圭佑、飯田里穂、竹若元博(バッファロー吾郎)らが出席した。  本作は、ハイスピ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top