「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

2017年1月16日 / 17:27

「第40回日本アカデミー賞」授賞式で司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。

 優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』の5作品で、優秀アニメーション作品賞には『君の名は。』映画『聲の形』『この世界の片隅に』『ルドルフとイッパイアッテナ』『ONE PIECE FILM GOLD』の5作品が選ばれた。

 中でも『怒り』は、李相日監督が優秀監督賞と優秀脚本賞を、優秀主演女優賞を宮崎あおい、優秀助演男優賞を妻夫木聡と森山未來、優秀助演女優賞を広瀬すずが受賞するなど、計11部門で受賞したほか、佐久本宝も新人俳優賞に選出された。

 また『シン・ゴジラ』が10部門で受賞したほか、宮崎は『バースデーカード』で優秀助演女優賞を、広瀬は『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞をそれぞれダブル受賞した。

 日本アカデミー賞協会 組織委員会の副会長を務める西田は「昨年の授賞式では頚椎をけがしまして、まったく身動きのできない状態のまま司会を務めさせていただいて…」と謝罪を込めて振り返り、「今年はなんとか体も動くようになりましたし、授賞式を楽しく、滞りなく進行できるよう努めたいと思っています」と語った。

 一方『百円の恋』で昨年の最優秀主演女優賞を受賞した安藤は「昨年、受賞が決まった時に皆さんからお祝いの言葉と同時に『来年大丈夫?』とすごく心配していただくことが多かった」と苦笑交じりに明かし、「この1年、ずっと忘れることなく『来年は司会だ、司会だ』と過ごしておりました」と笑わせた。

 緊張や不安、プレッシャーなどを吐露しながらも「すごい方々と一気にお会いできることはなかなかないので、一映画ファンとしても会場の空気を堪能したいと思っています」と語る安藤に、西田は「不安や心配する自分を含めて楽しんでいただける。そういうキャパシティを持っている女優さんで、表現者だと思う」と期待を口にした。

 授賞式の模様は3月3日午後9時から日本テレビ系で放送。


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top