妻夫木聡、来年も「ひたむきの心で」頑張ります 有村架純は新人賞に「気持ちが引き締まる」

2016年12月28日 / 19:03

主演女優賞の宮沢りえ(右)とプレゼンターの綾瀬はるか

 「第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式」が28日、東京都内で行われ、受賞者の宮沢りえ、妻夫木聡、宮崎あおい、有村架純、佐藤浩市ほかが登壇した。

 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で主演女優賞を受賞した宮沢は、「とても光栄ですし、うれしく思っています。これからも、どんな作品であれ心を揺さぶるような表現ができるように誠実に頑張っていきたいです」と喜びを語った。

 プレゼンターを務めた綾瀬はるかは、宮沢の印象について「いつも力強くて、女優さんとして輝いていて本当にすてきですし憧れます」と話した。

 映画『怒り』『ミュージアム』などに出演し、助演男優賞を受賞した妻夫木は「人と作品との出合いは大事だと思っていて、ここに立っていられるのも皆さんのおかげです。とくに『怒り』の李(相日)監督と、一緒だった綾野剛君には感謝したいと思います」とコメント。「来年の目標」を聞かれると、「今やっている舞台の僕のせりふの中で『ひたむき』という言葉があって、好きな言葉なので、そのひたむきの心で来年も頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

 映画『怒り』『バースデーカード』に出演し、助演女優賞を受賞した宮崎は「ありがとうございます。本当にうれしいです。年を重ねて、自分が母親役をやらせていただけるようになったことも楽しくて幸せだなと思いますし、このようなご褒美までいただくことができて幸せです」と感想を語った。

 プレゼンターを務めた長澤まさみは、「宮崎さんはすごく憧れの女優さんで、学生時代とか宮崎さんの作品をよく見ていたので、今回は本当に光栄に思います。持っている空気感がほかの女優さんと一味違うところに憧れて、宮崎さんの作品を見ていました」と憧れの気持ちを明かした。

 映画『夏美のホタル』『何者』などの作品に出演し、新人賞を受賞した有村は、「私は仕事を始めて6年目で、果たして自分が新人かどうかと揺れ動いてる時に、このような賞をいただきました。これからは甘えが効かないぞと言っていただいているような気がして、気持ちが引き締まる思いです」と話した。来年の目標については、「映画や朝ドラも始まるので、いろんな顔を見せられる一年になればいいなと思います」と抱負を語った。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top