長谷川京子、低音&大量のせりふに苦労 比嘉愛未、長谷川にせん望のまなざし

2017年1月14日 / 09:22

(左から)佐々部清監督、長谷川京子、比嘉愛未、スピーチライターの蔭山洋介氏

 WOWOW「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」の特別試写会&トークイベントが13日、東京都内で行われ、出演者の比嘉愛未、長谷川京子、佐々部清監督ほかが出席した。

 原田マハ氏の同名ベストセラー小説をドラマ化した本作は、世界を動かしてきた“影”の職業、スピーチライターに焦点を当て、比嘉演じる主人公・二ノ宮こと葉が、言葉の、限りない可能性を追求していく様子を描く。

 役を演じることになるまでスピーチライターという職業を知らなかった比嘉は「自分がこうして表に出るお仕事をさせていただいていますが、サポートするスピーチライターを疑似体験して、見え方が変わりました」と発見があったことを語った。

 「今までたくさんの人に支えてもらって立てていたんだなと、スピーチライターのことを知ることで、全体のほかのことにも感謝できるようになりました」と明かした。

 こと葉が心を動かされるきっかけとなる、伝説のスピーチライター久遠久美役の長谷川は「監督から『とにかく声を低く、音域を下げてせりふを言ってほしい』と言われて、せりふ量も多かったし、低音で言い続けるのは難しかった」と語り、その結果「それが彼女のキャラクターになったし、低い声って人に聞かせる説得力がある」と明かした。

 2人でのシーンが多かったという比嘉は「京子さんは毎回完璧で、長い説明せりふも私はNGを見たことがない。本当に“伝説の”という感じで素晴らしかったし、感動しています」と振り返った。

 長谷川は「本番までがぼろぼろ。ここで決めないと無理とプレッシャーをかけて」と苦笑交じりに謙遜した。

 また、公の場で話す内容や芝居プランなども「事前に準備できない。5割ぐらいは準備しておいて、あとは現場で感じたことを含めて100パーセントにしたいと心がけている」という長谷川。

 対する比嘉は「私はまだそこまで思えない。本当に失敗したくないから徹夜で覚えていくタイプです。そこ(長谷川の境地)にいきたいんですけど、まだそこまでの度胸はないというか」とせん望のまなざしを送った。

 ドラマは14日午後10時から毎週土曜日オンエア。


芸能ニュースNEWS

杉咲花「おちょやん」クランクアップに「感無量」 「本当に素晴らしい時間を過ごさせてもらいました」

ドラマ2021年4月16日

 NHKは15日、杉咲花がヒロイン千代を演じた連続テレビ小説「おちょやん」が、14日にクランクアップしたことを報告し、杉咲と制作統括の櫻井壮一氏のコメントを発表した。放送は5月15日まで。  杉咲は「出演者の皆さん、スタッフの皆さんが、この … 続きを読む

西島秀俊、初挑戦した音声ガイドの出来は「50点」 「自分がミイラになるのは嫌」

イベント2021年4月15日

 「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展-美しき棺のメッセージ-」東京展オープニングイベントが15日、東京都内で行われ、オフィシャルナビゲーターを務める俳優の西島秀俊が出席した。  本展では、オランダ・ライデン国立古代博物館の約2万5 … 続きを読む

「恋はDeepに」石原さとみと綾野剛が“禁断の恋”に落ちる 「人妻になっても石原さとみは最強にかわいい」

ドラマ2021年4月15日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の初回が、14日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)が、巨大マリンリゾートの開発をめぐって運 … 続きを読む

西田敏行、吉永小百合の“初々しさ”に驚く 「時というのは人によって公平、不公平がある」

映画2021年4月14日

 映画『いのちの停車場』完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行と成島出監督が登壇した。  本作は、「在宅医療」に … 続きを読む

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

amazon

page top