長谷川京子、低音&大量のせりふに苦労 比嘉愛未、長谷川にせん望のまなざし

2017年1月14日 / 09:22

(左から)佐々部清監督、長谷川京子、比嘉愛未、スピーチライターの蔭山洋介氏

 WOWOW「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」の特別試写会&トークイベントが13日、東京都内で行われ、出演者の比嘉愛未、長谷川京子、佐々部清監督ほかが出席した。

 原田マハ氏の同名ベストセラー小説をドラマ化した本作は、世界を動かしてきた“影”の職業、スピーチライターに焦点を当て、比嘉演じる主人公・二ノ宮こと葉が、言葉の、限りない可能性を追求していく様子を描く。

 役を演じることになるまでスピーチライターという職業を知らなかった比嘉は「自分がこうして表に出るお仕事をさせていただいていますが、サポートするスピーチライターを疑似体験して、見え方が変わりました」と発見があったことを語った。

 「今までたくさんの人に支えてもらって立てていたんだなと、スピーチライターのことを知ることで、全体のほかのことにも感謝できるようになりました」と明かした。

 こと葉が心を動かされるきっかけとなる、伝説のスピーチライター久遠久美役の長谷川は「監督から『とにかく声を低く、音域を下げてせりふを言ってほしい』と言われて、せりふ量も多かったし、低音で言い続けるのは難しかった」と語り、その結果「それが彼女のキャラクターになったし、低い声って人に聞かせる説得力がある」と明かした。

 2人でのシーンが多かったという比嘉は「京子さんは毎回完璧で、長い説明せりふも私はNGを見たことがない。本当に“伝説の”という感じで素晴らしかったし、感動しています」と振り返った。

 長谷川は「本番までがぼろぼろ。ここで決めないと無理とプレッシャーをかけて」と苦笑交じりに謙遜した。

 また、公の場で話す内容や芝居プランなども「事前に準備できない。5割ぐらいは準備しておいて、あとは現場で感じたことを含めて100パーセントにしたいと心がけている」という長谷川。

 対する比嘉は「私はまだそこまで思えない。本当に失敗したくないから徹夜で覚えていくタイプです。そこ(長谷川の境地)にいきたいんですけど、まだそこまでの度胸はないというか」とせん望のまなざしを送った。

 ドラマは14日午後10時から毎週土曜日オンエア。


芸能ニュースNEWS

宮迫博之、田村亮と共に謝罪会見 「騒動の全ての責任は僕にあります」

ニュース2019年7月20日

 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題で、吉本興業との契約が解消となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日、東京都内で謝罪会見を行った。  2人は黒いスーツ姿で登場。宮迫は「取り返し … 続きを読む

東出昌大と仲野太賀、異常な仲の良さ 片桐はいり「付き合っているんじゃないかな」

舞台・ミュージカル2019年7月20日

 M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」初日前会見が19日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、仲野太賀、水上京香、清水葉月、岩松了、片桐はいりほかが登壇した。  本作は、M&Oplaysと岩松が定期的に行なっているプロデュース公演の最 … 続きを読む

五関晃一「舞台でインソールを入れています」 ジャニーさんから「ユー、ちっちゃいよ」

舞台・ミュージカル2019年7月19日

 舞台「奇子(あやこ)」の公開舞台稽古&囲み取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の五関晃一(A.B.C-Z)、梶原善ほかが出席した。  本作は、手塚治虫の同名漫画が原作。戦後史の中で、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな要素を巧みに … 続きを読む

哀川翔、昆虫を食べる井上咲楽にドン引き 「俺は幼虫を育てている側ですから」

イベント2019年7月19日

 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」プレス発表会&内覧会が19日、東京都内で行われ、俳優の哀川翔、タレントの井上咲楽ほかが登場した。  同展は、子どもたちが昆虫を「見る・知る・触れる」ことで、自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を … 続きを読む

若槻千夏「学生時代は週3、4でプリクラ」 キュープラザ池袋は「興奮材料がすごい」

トレンド2019年7月19日

 “エンターテイメントプラザ”をコンセプトにした池袋エリアの新たなランドマーク「キュープラザ池袋」の開業セレモニーが19日、東京都内で行われ、タレントの若槻千夏が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top