比嘉愛未、デビュー15年「あっという間だった」 “ロボット”になったつもりでCM撮影

2017年1月12日 / 16:42

 ビジネスパーソンをイメージしたピンクベージュのスーツで登場した比嘉愛未

 パナソニック「新・レッツノート」発表会が12日、東京都内で行われ、宣伝キャラクターを務める比嘉愛未が出席した。

 宣伝キャラクターを務めて3年になる比嘉は「毎回私の予想を遥かに超えてきて、圧倒的な軽さには毎回驚かされます」と素直な感想を語り、新製品のタブレットモバイルPCについては「そう来たかと驚かされました。どんどん進化していくので私も本当に負けていられない」と背中を押される思いだという。

 新プロモーション映像は、比嘉演じるビジネスパーソンの1日をつづったユニークな物語になっており、「自信作です。いろいろな仕組みのある大変な撮影だったので長時間になってしまいましたが、その分素晴らしいCMになったと思います」と語った。

 これまでのプロモーション映像は「キリッと仕事をちゃんとこなすような女性のイメージが多かった」といい、本作では「ポップでテンポもよく」と語ったように、背景をプロジェクター投影し、比嘉の手前のセットやキャストはスタッフによる人力で移動させるワンカットで撮影された。

 「タブレットを取り外せるところを重点的にアピールしたかったので、微妙なさじ加減ですがプロ根性で頑張ろうと思って。動くと駄目なので、ロボットになった気持ちで手がつりそうになりながらも『動かないぞ』という感じで」と笑いを誘い、「50テークぐらい繰り返したみたいです。軽く3時間ぐらいはやり続けて、プレッシャーもあったけど、皆で力を合わせて今までにない経験をさせていただきました」と振り返った。

 また、レッツノートが20年を迎えたことから、20年前に動物園で撮影された比嘉の写真もお披露目され、「小学校3年生ぐらいですかね。動物が大好きで怖がらずに触りに行くような活発な子でした。これはラマですかね」と照れ笑いを浮かべた。

 自身はデビューから15年目となる今年の目標を「あっという間だったけど、まだまだこれからも頑張りたい。レッツノートさんと同じく、長く愛されるような、私からも愛を与えられるような役者でいたい」と語った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top