【紅白リハ】KinKi Kids、SMAPは「先輩でお兄ちゃん」 堂本光一は初出場の紅白ステージで共演かなわず悔しさも

2016年12月29日 / 20:18

 大みそか恒例の「第67回NHK紅白歌合戦」リハーサルが29日、東京都内で行われ、初出場でCDデビュー曲「硝子の少年」を歌うKinKi Kidsが出席した。

 入念なリハーサルを終え、堂本光一は「ちょっとしたトラブルがあって。僕らの知っていた音のサイズと違っていた部分があって、双方とのやり取りで時間を取ってしまって申し訳なかったです」と明かし、「以前オープニングで『フラワー』を歌わせていただいたときは、東京ドームと行ったり来たりするてんやわんやの中であっという間に通り過ぎました。今回はしっかりと味わえたらと思います」と本番に向けて期待を寄せた。

 初出場でCDデビュー曲を歌うことには「僕らにとっても非常に大事な楽曲です。20年やってきた中でもずっと土台としてある」と喜びを語るとともに、「歌手枠での初出場で紅白に関しては新人ですが、自分にプレッシャーを課して、さすが20年やっているだけあるなと思わせるものを見てくださる皆さんにお届けできたら」と意気込んだ。

 また、デビュー前からバックダンサーを務めてきたSMAPの年内解散について、光一は「本当は、僕らの望みとしては、今年初めて(紅白に)出場させていただけるのだから、その場でご一緒する機会があればとてもすてきなことだったなと思います」と悔しさをにじませ、同時に「皆さんは本当に偉大な先輩で、解散という形をとられたとしても僕らにとっては変わらない偉大な先輩。その背中をこれからも見ていけたら」とあらためて尊敬の念を語った。

 堂本剛も「僕らにとってはお兄ちゃんみたいな存在」と表現したSMAPの振る舞いや思い出の「一つひとつが僕らの今にとてつもなく大きく影響している」と言い切り、「僕らは弟ですし、お兄ちゃんの言うことをそっと聞く強さと優しさを持つことも大事かなと思いながら、教えていただいたことを振り返って噛み締めて今年はステージに立ちました。僕たちは変わることなく、いつものようにお兄ちゃんのことを尊敬して愛していければ」と自らに言い聞かせるように言葉を紡いだ。

 今年は「夢を歌おう」をテーマに、紅白あわせて46組が出場。紅組司会を有村架純、白組司会を嵐の相葉雅紀、総合司会を同局の武田真一アナウンサーが務める。番組はNHK総合で12月31日午後7時15分からオンエア。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top