「ゲス不倫」、流行語トップ10に 文春記者がマスク姿で登場「僕らも商売」

2016年12月1日 / 21:14

司会の生島ヒロシ(左)と文春記者

 年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、今年芸能界を騒がせた「ゲス不倫」がトップ10入りを果たした。会場には、スクープを報じた『週刊文春』の編集部を代表した人物がマスク姿で登壇し、受賞の喜びを語った。

 今年1月、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫を報じた「週刊文春」。この日、編集部を代表して登壇した記者は「あまり人前に出てしまうと、今後の張り込みに支障が出る」という理由から、公式キャラ「文春(ふみはる)」のマスクを被って現れた。

 記者は「本来であれば取材対象者である、ベッキーさんや宮崎(謙介)前衆院議員さんがもらう賞だとは思うのですが、(僕が)代表で頂きます。ありがとうございます」とあいさつ。司会の生島ヒロシが「私も実は、ベッキーの事務所の社長に電話した。ぜひとも来てほしいと言ったんですが…」と苦笑いで明かすと、記者も「一緒に来たかったです」と残念がった。

 また、スクープを連発するには「ある意味プレッシャーもあるのでは?」と尋ねられた記者は、「あります。いろんな方が“次のスクープはもっと大きいのではないか”と期待されるので。どんどん(刺激的な)話題に慣れてしまいますからね」と苦労もにじませた。

 自身のスクープとしては、今年の「とにかく明るい安村」の不倫報道を挙げたが、「あれはたまたま撮れちゃった。実はSMAPを張り込んだ後に、みんなで飲んでいたんです。そしたら情報が入ってきて、近くに行ってみたら、本当にいるじゃん!っていう…」と裏話も披露。生島から「あれから安村さん、ちょっと元気がなくなっちゃったけど、責任とかは感じないの?」と聞かれると、「でも僕らも商売なので」とキッパリ。次に出るスクープについて問われると「それはちょっと言えないけど、来週、再来週も大きいのを狙っていこうと思っています」と意欲を口にした。

 このほか、「トップ10」にはシンガー・ソングライター「ピコ太郎」による「PPAP」も選出された。仕事の都合で授賞式を欠席したピコ太郎は、電話出演という形で喜びのコメントを発表。

 「10分だけでも会場に来てほしかった」という生島から「今、(電話口で)『PPAP』をやってくれませんか?」と急にリクエストされたピコ太郎は、「上手くできればいいですが…」と不安げながらも了承した。

 リズムを取りながらフレーズを口ずさむも、会場で流された伴奏とはチグハグで、それに気付いたピコ太郎は「音、全然合ってないですよね? いいですか?」と心配しきり。何とか歌い上げると「軽く“事故ってる”と思うんですが…。 “事故ってる”はノミネートされてないですよね?」と年間大賞を受賞した「神ってる」に絡めたコメントで、会場を盛り上げた。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top