「ゲス不倫」、流行語トップ10に 文春記者がマスク姿で登場「僕らも商売」

2016年12月1日 / 21:14

司会の生島ヒロシ(左)と文春記者

 年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、今年芸能界を騒がせた「ゲス不倫」がトップ10入りを果たした。会場には、スクープを報じた『週刊文春』の編集部を代表した人物がマスク姿で登壇し、受賞の喜びを語った。

 今年1月、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫を報じた「週刊文春」。この日、編集部を代表して登壇した記者は「あまり人前に出てしまうと、今後の張り込みに支障が出る」という理由から、公式キャラ「文春(ふみはる)」のマスクを被って現れた。

 記者は「本来であれば取材対象者である、ベッキーさんや宮崎(謙介)前衆院議員さんがもらう賞だとは思うのですが、(僕が)代表で頂きます。ありがとうございます」とあいさつ。司会の生島ヒロシが「私も実は、ベッキーの事務所の社長に電話した。ぜひとも来てほしいと言ったんですが…」と苦笑いで明かすと、記者も「一緒に来たかったです」と残念がった。

 また、スクープを連発するには「ある意味プレッシャーもあるのでは?」と尋ねられた記者は、「あります。いろんな方が“次のスクープはもっと大きいのではないか”と期待されるので。どんどん(刺激的な)話題に慣れてしまいますからね」と苦労もにじませた。

 自身のスクープとしては、今年の「とにかく明るい安村」の不倫報道を挙げたが、「あれはたまたま撮れちゃった。実はSMAPを張り込んだ後に、みんなで飲んでいたんです。そしたら情報が入ってきて、近くに行ってみたら、本当にいるじゃん!っていう…」と裏話も披露。生島から「あれから安村さん、ちょっと元気がなくなっちゃったけど、責任とかは感じないの?」と聞かれると、「でも僕らも商売なので」とキッパリ。次に出るスクープについて問われると「それはちょっと言えないけど、来週、再来週も大きいのを狙っていこうと思っています」と意欲を口にした。

 このほか、「トップ10」にはシンガー・ソングライター「ピコ太郎」による「PPAP」も選出された。仕事の都合で授賞式を欠席したピコ太郎は、電話出演という形で喜びのコメントを発表。

 「10分だけでも会場に来てほしかった」という生島から「今、(電話口で)『PPAP』をやってくれませんか?」と急にリクエストされたピコ太郎は、「上手くできればいいですが…」と不安げながらも了承した。

 リズムを取りながらフレーズを口ずさむも、会場で流された伴奏とはチグハグで、それに気付いたピコ太郎は「音、全然合ってないですよね? いいですか?」と心配しきり。何とか歌い上げると「軽く“事故ってる”と思うんですが…。 “事故ってる”はノミネートされてないですよね?」と年間大賞を受賞した「神ってる」に絡めたコメントで、会場を盛り上げた。


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」子犬姿の玉森裕太に大反響 「こんなに犬の耳と尻尾の似合う男性、初めて見た」

ドラマ2021年1月27日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第3話が、26日に放送された。  本作はファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)が鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事も恋 … 続きを読む

菅田将暉“打ち上げ無し”を嘆く 「終わった感じがなければ、次に進める感じもしない」

映画2021年1月27日

 映画『花束みたいな恋をした』公開直前イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、有村架純と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、坂元裕二氏のオリジナル脚本を映画化。終電を逃したことから偶然出会った麦(菅田)と絹(有村)の5年にわた … 続きを読む

香取慎吾が誹謗中傷の問題に切り込む 「アノニマス」初回放送が、ツイート15万件超え

ドラマ2021年1月26日

 香取慎吾が主演するドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の初回が、25日に放送された。  本作は、SNSの誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマに、キーボードによる殺人=指殺人の罪を犯す顔の見えない犯罪者を取り締まる、警 … 続きを読む

「監察医 朝顔」“朝顔”上野樹里の苦難が続く “つぐみ”加藤柚凪の演技に「天才子役」の声も

ドラマ2021年1月26日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第11話が、25日に放送された。  入院中の祖父・浩之(柄本明)から朝顔(上野)に連絡が入った。転院することになった浩之は、東日本大震災で被災し、行方不明が続いてい … 続きを読む

西野七瀬、劇団☆新感線で初舞台 「本番までになじんで楽しんでいけたら」

舞台・ミュージカル2021年1月25日

 2021年劇団☆新感線41周年春興行「Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』」制作発表が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花ほかが登壇した。  Yellow/新感線は、コロナ禍でも劇団☆新感 … 続きを読む

page top