佐藤二朗、8.5頭身の向井理に羨望のまなざし 木村多江に堤幸彦監督が土下座謝罪

2016年11月15日 / 19:09

タキシード姿で登場した向井理

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の完成披露スペシャルセレモニーが15日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、市原隼人と堤幸彦監督が出席した。

 ドラマシリーズを経て完成した本作は、伝説の浴場従業員の孫・朝永蘭丸(向井)が放浪の旅の末、たどり着いた温泉郷を舞台に、事件を解決していくという堤監督が20年来温めてきた温泉ギャグミステリー。

 キャスト陣と堤監督はタキシードとドレスの正装で会場の階段からそれぞれがエスコートする形で登場した。木村文乃は佐藤の手を取ろうとする“逆エスコート”、向井と堤監督は互いに手を差し出し握り合ってから最後は仲良く手をつないで階段を降りるなど、思い思いのパフォーマンスで会場を沸かせた。

 さっそく自身のタキシード姿の感想を求められた向井は「着慣れないから着させられているというか。変な感じです」と照れ笑い。木村文乃から「かっこいいですよね」と褒められると「そりゃまあね」と自信を取り戻し、堤監督からは「9頭身ですからね」とちゃちゃを入れられると「いやあ、8.5頭身ですよ」と訂正したが、佐藤は「それでもすごいよ!」と羨望(せんぼう)のまなざしを向けた。

 映画版からの登場となる木村多江は「大変だとは聞いていたけど、本当に長いことやってきた中でもしびれる現場だなと思いました」と撮影を振り返り、同じく市原も「今回は台本にないことが本当に多くて、まさか“ポケモン”というワードを言わされるとは。台本にないのに思い切りビンタをされたり、こんな現場があるのだと人生で初めて感じました」と苦笑交じりに明かした。

 「人々に問題を投げ掛けると言うか、テーマ性の深い作品なのでぜひご覧になって『君の名は。』のように議論していただきたい」とアピールした堤監督だが、木村多江にはほとんど土下座の勢いで床にうずくまって頭を下げ、佐藤も「謝った方がいいよ!」と野次を飛ばして笑いを誘った。

 映画は12月3日から全国ロードショー。

(前列中央)堤幸彦監督、(後列左から)市原隼人、木村文乃、向井理、佐藤二朗、木村多江

(前列中央)堤幸彦監督、(後列左から)市原隼人、木村文乃、向井理、佐藤二朗、木村多江


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top