向井理“イケメン評価”に複雑な思い 「自分でそんなふうに思ったこともない」

2016年9月30日 / 19:51

(左から)野波麻帆、向井理、平田満、蓬莱竜太氏

 舞台「星回帰線」の囲み取材が30日、東京都内で行われ、出演者の向井理、平田満、野波麻帆、作・演出の蓬莱竜太氏が登壇した。

 本作の主人公は、かつての恩人に呼ばれ、彼のもとを訪れた青年・三島(向井)。そこで、自給自足的な生活を送る工房の人々と出会った三島は、彼らの歓迎に感動を覚えるが、やがてそれが恩人の嫉妬を買うことになり、人間関係にひずみが生じるようになるという物語。

 3年ぶりの舞台出演となる向井は、初日を間近に控え「やっぱり吐きそうになるぐらい緊張します」と苦笑い。「毎回、本番前は二度と舞台はやらないと思うのですが、終わるとまたやりたいとなるのが魅力」とし「不安も大きいけどこの緊張感を大事にしていきたい」と力強く語った。

 一方“当て書き”が好きな蓬莱氏は「今回の舞台上では“イケメン”という言葉が、いい意味でも、厳しい意味でもたくさん出てきます」と予告。その理由は「普段、向井くんは“イケメン”と言われることに対して、いろいろ思うところがあるんじゃないかなと思いながら書いていた」とし、「見る人に『イケメンって大変だな』、『向井くんみたいに生まれてこなくて良かった』と思ってもらえる舞台にしたい」と冗談と本音を交えながらアピールした。

 これに対して向井は「いつからなんでしょうね。あの言葉が出てきたのは…」と語り、実際にイケメンと呼ばれることについては「個人的には、一くくりにされるのは好きではないです。個性がそれぞれあるので、やはり抵抗はあるし、自分でそんなふうに思ったこともない。イケメンの定義も分からないので」とぼやきつつ「まあ、最近は面倒なので(イケメンと言われたら)『はい、そうです』と言うようにしていますが。(これについては)“何周かしたな”という感じです」と語り、静かにほほ笑んだ。

 舞台は、10月2日~30日、都内、東京芸術劇場シアターウエストで上演。その後、愛知、札幌、新潟、京都、広島、北九州、鹿児島を巡回。


芸能ニュースNEWS

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

薬丸裕英、二宮和也やNEWS増田との交流を明かす 「最終的にジャニーズをけん引するのはTOKIO」

テレビ2020年7月9日

 タレントの薬丸裕英が8日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲストとして出演した。  番組では、かつてジャニーズ事務所に所属し、「シブがき隊」のメンバーとして活躍した薬丸が、嵐の二宮和也やNEWSの増田貴久、ジャニ … 続きを読む

「ハケンの品格」大泉洋が再登場 「大泉洋って最高だと思いません?」の声も

ドラマ2020年7月9日

 篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第4話が8日、放送された。  本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問う。  第4話では、コネ入社を自称していた新入社員の … 続きを読む

本上まなみ、外出自粛中は自宅で子どもと相撲 「夫婦間、自分自身と向き合う時間も増えた」

イベント2020年7月8日

 エイジングケアブランド「ブライトエイジ」の「500万本突破記念 ブライトエイジPR発表会」が8日、東京都内で行われ、女優の本上まなみがゲストで出席した。  同スキンケアシリーズの売り上げが500万本を突破。アンバサダーを務めて2年目となる … 続きを読む

松本穂香&奈緒、七夕イベントで浴衣姿を披露 願い事は「一緒にキャンプに行けますように」

映画2020年7月8日

 映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願!記者会見イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒と角川春樹監督が出席した。  本作は、高田郁氏のベストセラー時代劇小説を映画化。大阪に生まれた少女・澪(みお)が、天性の料理の才を武 … 続きを読む

page top