向井理“イケメン評価”に複雑な思い 「自分でそんなふうに思ったこともない」

2016年9月30日 / 19:51

(左から)野波麻帆、向井理、平田満、蓬莱竜太氏

 舞台「星回帰線」の囲み取材が30日、東京都内で行われ、出演者の向井理、平田満、野波麻帆、作・演出の蓬莱竜太氏が登壇した。

 本作の主人公は、かつての恩人に呼ばれ、彼のもとを訪れた青年・三島(向井)。そこで、自給自足的な生活を送る工房の人々と出会った三島は、彼らの歓迎に感動を覚えるが、やがてそれが恩人の嫉妬を買うことになり、人間関係にひずみが生じるようになるという物語。

 3年ぶりの舞台出演となる向井は、初日を間近に控え「やっぱり吐きそうになるぐらい緊張します」と苦笑い。「毎回、本番前は二度と舞台はやらないと思うのですが、終わるとまたやりたいとなるのが魅力」とし「不安も大きいけどこの緊張感を大事にしていきたい」と力強く語った。

 一方“当て書き”が好きな蓬莱氏は「今回の舞台上では“イケメン”という言葉が、いい意味でも、厳しい意味でもたくさん出てきます」と予告。その理由は「普段、向井くんは“イケメン”と言われることに対して、いろいろ思うところがあるんじゃないかなと思いながら書いていた」とし、「見る人に『イケメンって大変だな』、『向井くんみたいに生まれてこなくて良かった』と思ってもらえる舞台にしたい」と冗談と本音を交えながらアピールした。

 これに対して向井は「いつからなんでしょうね。あの言葉が出てきたのは…」と語り、実際にイケメンと呼ばれることについては「個人的には、一くくりにされるのは好きではないです。個性がそれぞれあるので、やはり抵抗はあるし、自分でそんなふうに思ったこともない。イケメンの定義も分からないので」とぼやきつつ「まあ、最近は面倒なので(イケメンと言われたら)『はい、そうです』と言うようにしていますが。(これについては)“何周かしたな”という感じです」と語り、静かにほほ笑んだ。

 舞台は、10月2日~30日、都内、東京芸術劇場シアターウエストで上演。その後、愛知、札幌、新潟、京都、広島、北九州、鹿児島を巡回。


芸能ニュースNEWS

宮迫博之、田村亮と共に謝罪会見 「騒動の全ての責任は僕にあります」

ニュース2019年7月20日

 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題で、吉本興業との契約が解消となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日、東京都内で謝罪会見を行った。  2人は黒いスーツ姿で登場。宮迫は「取り返し … 続きを読む

東出昌大と仲野太賀、異常な仲の良さ 片桐はいり「付き合っているんじゃないかな」

舞台・ミュージカル2019年7月20日

 M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」初日前会見が19日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、仲野太賀、水上京香、清水葉月、岩松了、片桐はいりほかが登壇した。  本作は、M&Oplaysと岩松が定期的に行なっているプロデュース公演の最 … 続きを読む

五関晃一「舞台でインソールを入れています」 ジャニーさんから「ユー、ちっちゃいよ」

舞台・ミュージカル2019年7月19日

 舞台「奇子(あやこ)」の公開舞台稽古&囲み取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の五関晃一(A.B.C-Z)、梶原善ほかが出席した。  本作は、手塚治虫の同名漫画が原作。戦後史の中で、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな要素を巧みに … 続きを読む

哀川翔、昆虫を食べる井上咲楽にドン引き 「俺は幼虫を育てている側ですから」

イベント2019年7月19日

 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」プレス発表会&内覧会が19日、東京都内で行われ、俳優の哀川翔、タレントの井上咲楽ほかが登場した。  同展は、子どもたちが昆虫を「見る・知る・触れる」ことで、自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を … 続きを読む

若槻千夏「学生時代は週3、4でプリクラ」 キュープラザ池袋は「興奮材料がすごい」

トレンド2019年7月19日

 “エンターテイメントプラザ”をコンセプトにした池袋エリアの新たなランドマーク「キュープラザ池袋」の開業セレモニーが19日、東京都内で行われ、タレントの若槻千夏が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top