大河「西郷どん」でボーイズラブ…? 西郷隆盛の魅力は「ギャップ」と鈴木亮平

2016年11月2日 / 19:50

(左から)中園ミホ氏、鈴木亮平、林真理子氏

 2018年NHK大河「西郷(せご)どん」の主人公・西郷隆盛を俳優の鈴木亮平が演じることが2日、発表された。同局で行われた会見には、鈴木とともに原作者の林真理子氏、脚本を手掛ける中園ミホ氏も登壇した。

 今回鈴木が演じるのは、明治維新のヒーロー、西郷隆盛。その素顔は謎に満ちていて、肖像写真は1枚も残っていない。

 原作者の林氏は、「西郷さんのどんなところが魅力だと思う?」という質問に「情が厚くて、愛情あふれる人。愚直と言ってもいいほどまっすぐ物事に突き進める人。その反面、複雑な面を持っていてそこに引かれました」と告白。また執筆に当たり文献などを調べていくうちに「一筋縄にはいかない人というのがだんだん分かってきました」とその印象を明かした。

 脚本を手がける中園氏も、「子どもみたいな純粋な部分と、間違った世の中をぶっ壊すのだ!と決めた時のクールでタフな革命家のような部分」と西郷の“さまざまな顔”に注目しているようで、「本当にスケールの大きな人物。『先が見えない』と言われるこの時代に、ああいう個性の男がいたらいいなと思わせてくれます」と西郷に理想のリーダー像を重ね合わせた。

 主演の鈴木自身も、中園氏と同様に「今の段階では、魅力はギャップじゃないかなと思っています」とコメント。「リーダーとして人に愛される存在で愛嬌があった。人を深く愛することがとても得意だったんじゃないかな。それによって周りからも愛される人間になっていった。一方で国というものを変えようと決意した男でもあり、一途なる覚悟を持って、猪突猛進していく芯の強さが魅力なんだと思います」と分析した。

 会見中には、中園氏が「林さんの原作にはいろんな愛にあふれている。島津斉彬との師弟愛、家族愛、男女の愛、ボーイズラブまで…。ラブストーリーがたっぷり散りばめられているので、皆さんにはこの『西郷どん』にどっぷりはまっていただきたい」とコメントする一幕も。

 一方、“ボーイズラブ”という観点について制作統括の櫻井賢氏は「原作でも触れていますが、あの時代の男のあり方をひもといていく中で、やっぱり自分の尊敬するような人に対して、恋愛感情に近いような心情もあったのではないか」と解説。「西郷さんがボーイズラブをするのか?」という質問には、「ボーイズラブをどう捉えるかですよね。日曜8時に皆さまに愛していただける西郷さんを目指しますので楽しみにしていてください」とアピールした。


芸能ニュースNEWS

小泉今日子「“ツナグ女”になる」 「偉大な先輩方の教えを次の世代に…」 

映画2018年9月22日

 映画『食べる女』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、壇蜜、鈴木京香と原作者の筒井ともみ氏、生野慈朗監督が登壇した。  本作は、筒井氏の短 … 続きを読む

棚橋弘至と寺田心がそろって“男泣き” 木村佳乃「棚橋さんは女子力が高い」

映画2018年9月22日

 映画『パパはわるものチャンピオン』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の棚橋弘至、木村佳乃、子役の寺田心くんほかが登場した。  本作は、悪役レスラーを職業とするパパ・孝志(棚橋)が、自身のプライドと家族のために最強のチ … 続きを読む

野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

映画2018年9月22日

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。  本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取 … 続きを読む

佐藤美希「人の肩甲骨を見るのが好き」 ファースト写真集発売に「目が潤みました」

トレンド2018年9月22日

 『佐藤美希 1st写真集』発売イベント記者会見が22日、東京都内で行われ、女優でタレントの佐藤美希が登場した。 続きを読む

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」開幕 谷口賢志、40歳での主演に「命を懸ける」

舞台・ミュージカル2018年9月22日

 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」の囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の谷口賢志、多和田秀弥、荒木宏文ほかが登壇した。  「文豪ストレイドッグス」は、架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、歴史に残る文豪たちが繰り広げる異能力アクショ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top