戸田恵梨香、10年ぶり出演に「まさかまたやるとは」 川栄李奈はデスノートに「名前を書けてうれしかった」

2016年10月20日 / 22:12

前作と同じ弥海砂役の戸田恵梨香

 映画『デスノート Light up the NEW world』ジャパンプレミアが20日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、船越英一郎と佐藤信介監督が出席した。

 この作品は、原作・大場つぐみ氏、作画・小畑健氏による人気コミックを2006年に実写映画化した『DEATH NOTE』などシリーズ3作の続編。名前を書かれた人間は死ぬというデスノートを使って世界を変えようとした“キラ”こと夜神月(藤原竜也)による事件から10年後、再び狂い始めた世界でのデスノート争奪戦を描く。

 前作にも同役で出演した弥海砂役の戸田は「まさか『デスノート』をまたやるとは思っていませんでした」と笑い飛ばし、前作が戸田にとっての映画初出演作品だったことから「当時は俳優デビューしてまだ1年もたたないド素人でした。自分の仕事に自覚を持った作品で、もちろん大きくかけがえのない存在ですが、10年ぶりに同じ役をやるプレッシャーは大きかったです」とあらためて振り返った。

 新たなデスノート所持者・青井さくらを演じた川栄は「10年前は11歳の小学生だったのですが、家にあるノートでもいけるんじゃないかと思って黒めのノートを探して名前を書いてみたりしました」とあっけらかんと明かした。すかさず菅田から「誰かを殺そうとしたってこと?」と問われると「そんな思いはなくて、小学生なりの好奇心です。今回、自分がデスノートに名前を書けてうれしくて興奮しました」と否定して笑わせた。

 デスノート捜査官・三島創役の東出、Lの正当な後継者・竜崎役の池松、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝役の菅田の中で“最もデスノートを使いそうな人”を問われると、本人を含む全員が東出を指した。菅田が「基本的に常軌を逸している。ベースが生まれてからずっと…」と淡々と語るも、東出は実際に(デスノートを)手にしたいかとの問いには「絶対に嫌です!」と即答していた。

 映画は10月29日から全国ロードショー。

(前列左から)戸田恵梨香、池松壮亮、東出昌大、菅田将暉、(後列左から)佐藤信介監督、船越英一郎、川栄李奈

(前列左から)戸田恵梨香、池松壮亮、東出昌大、菅田将暉、(後列左から)佐藤信介監督、船越英一郎、川栄李奈


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top