海老蔵、国際会議の場で歌舞伎を披露 圧巻パフォーマンスも「稽古は昨日から」

2016年10月20日 / 22:25

東京五輪への思いを語った市川海老蔵

 歌舞伎役者の市川海老蔵が20日、都内で開催中の国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」内で上演された舞台「The Land of the Rising Sun」に出演。その後、演出家の宮本亜門氏、舞台の進行を務めた俳優の鈴木亮平、映像演出を手がけたチームラボの猪子寿之氏らとともに記者会見に出席した。

 この舞台では、新進気鋭のクリエーター陣と豪華キャストが合わさって、時代の変遷とともに“今”の日本を表現した。

 イベントを終えて感想を問われた海老蔵は「無事に終わってよかったと思う」と安堵の表情。舞台上では、海の神スサノオを歌舞伎で見事に体現したが「実は私は、稽古は昨日からの参加だったのでちょっとドキドキしてました」と練習時間が非常に短かったことを告白。それでも、拍手が沸き起こるほどの圧巻のパフォーマンスだったとあり「日本の伝統文化の良い部分を少しでも多くの方に見てもらえたと思う」と手応えをにじませた。

 一方の宮本氏は、「このような国際会議の後に(舞台を)やるというは初めてだった」と緊張もあったようだが「今回のテーマは天変地異など、いろいろある日本だけど頑張って、これからますますエネルギッシュに生きてくぞ! 日本人にもチアアップしてほしい! ということで…」と作品に込めた熱い思いを説明。「個性あるすごい人達がたくさんいて、一緒にコラボしているという楽しさがあった」と満足げにほほ笑んだ。

 また2020年東京五輪・パラリンピックのキックオフイベントでもあるこの会議。東京五輪を4年後に控え、海老蔵は「せっかく東京という場所で五輪が行われるのにさまざまな問題が起こっているというのは、大変心苦しいものがある」と吐露しつつ、「ですけど、どの(国の)オリンピックもこの時期には問題を抱えていたらしい。だから、ここからあらためてみんなで力を合わせられるようにと強く望んで、私自身も今回、コマとして(イベントに)参加させていただいた」と話した。

 さらに、話題が日本の魅力に及んだ際には「(日本の魅力は)人の心。よく“おもてなしの心”という言葉が使われるが、そういった心があるから日本人は奥ゆかしさもあり、優しさもあり、気遣いもできる」と語った海老蔵。「しかしながら、昨今は少しずつそういった心が薄れてきていると…(言われている)。そのようなところで、本当にその美しいもの、みんなが気持ちよくあること、心地いいこととは何だろうか…?というものを見つめ直すいい機会ではないかな」と現在の課題を挙げ、「本来われわれが持っているDNAは、人間としてかなり心が豊かなものがあると思うので」と期待を込めた。

舞台を終えて会見に臨んだ出席者たち

舞台を終えて会見に臨んだ出席者たち


芸能ニュースNEWS

紅蘭「女の子を出産して、めちゃくちゃ幸せ」 “じいじ”草刈正雄は「変わったあやし方をしています」

トレンド2019年3月25日

 「正しい美容医療クリニック選び啓蒙イベント」が25日、東京都内で行われ、タレントの紅蘭とお笑いコンビ・安田大サーカスのクロちゃんが登場した。 続きを読む

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

page top