玉森裕太「無人島に連れて行くなら宮田俊哉」 「17歳の時は多分一番調子に乗っていた」

2016年9月16日 / 20:30

ピラミッド型のケーキに驚く永野芽郁

 映画『キング・オブ・エジプト』の大ヒット公開記念舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた玉森裕太(Kis-My-Ft2)と永野芽郁が出席した。

 本作は、古代エジプトを舞台に神と人間が共存する世界で王座を懸けたバトルを超ド級の冒険スペクタクルとして描く。

 主人公ベックの声を務めた玉森はそろって映画を見に行ったという家族から「良かったよ」と簡潔な感想のメールが届いたことを明かし、「詳しくはなかったけど、すごく楽しんだみたいです」と語った。

 イベントでは、これまでたびたび舞台あいさつやイベントを行いプロモーションをしてきた2人が司会に挑戦することに。「普段は司会をやっていないので、とんでもない空気になっても知らないですよ。自分のペースでやっていいんですよね」と確認しながら司会用のマイクを握った玉森は、ベックの恋人ザヤ役の永野に対してテンポよくインタビューをこなした。

 途中、24日に誕生日を迎える永野へのサプライズプレゼントとして、ステージ上に登場したピラミッド型のケーキに驚いた永野は「金粉? これはかまぼこ?」と飾り付けに興味津々の様子。17歳になる抱負として「どうしても日本一高いバンジージャンプを跳びたい」と語ると、玉森は「17歳って、多分一番調子に乗っていましたね」と昔を懐かしんで笑いを誘った。

 続いて、永野にマイクをバトンタッチすると「人生初です。めちゃくちゃ司会っぽいですね」と大喜びで、制限時間1分以内での一問一答では、用意された質問全てに玉森からの回答を得た。「無人島に連れて行きたいメンバーは?」との問いに「宮田俊哉」と答えた玉森は「何も考えずに誰だろうと思ったら宮田の顔がぱっと出てきました」と明かして盛り上げた。

 また、司会業を終えて玉森が「やっぱり大変ですね。うちのメンバーも北山(宏光)さんが司会をやっていますが、大変さをすごく感じました」と改めて尊敬の念を語ると、永野は「私が聞いたことに対してしっかりとした答えで返してくれるので質問しやすかった。めっちゃ楽しかったです」と満足した様子だった。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top