演出家が生田絵梨花の“恋愛”についてファンに呼び掛け 「舞台はかりそめのもの。我慢してください」

2016年9月5日 / 18:43

劇中歌を披露した生田絵梨花

 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の制作発表および囲み会見が5日、東京都内で行われ、出演者の古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香、演出の小池修一郎氏ほかが出席した。

 大ヒットを記録したミュージカルが、新たにオーディションで選ばれたキャストと新演出によって4年ぶりの再々演。それぞれダブルキャストで配役され、この日は「世界の王」、「エメ」など5曲を披露した。

 2度目の出演となるロミオ役の古川は「僕自身、新作に挑む気持ちで、また一から、台本に、ロミオに向き合っていきたい」と意気込みを語った。

 同じくロミオを演じる大野は「小池先生演出のこの舞台が世界で一番好きな公演。これまで4年間、ずっとこの舞台に出していただくことを夢見て精進してきました」とあふれる喜びを語った。

 ジュリエット役に挑む生田は「私にとってこの作品は憧れの作品。3年前にこの作品を見て感動と衝撃を受けました。いつかジュリエットをやりたいと思い続けて、今ここに立っていることがうれしいし、まだ不思議な感じがしています」と感慨深げに思いを述べた。

 小池氏が「“絵梨花さま”がね、ずっと芸能界でやっている人は慣れていると思うんだけど、初々しいというか緊張していてびっくりした」と生田の印象を語ると、生田は「全然慣れていないです。普段は大人数なので独り身になると…」と苦笑した。

 さらに小池氏は、ロミオとの恋愛について生田ファンに「大丈夫? 我慢してくださいね。舞台はかりそめのものです」とフォローを入れて笑わせる場面もあり、生田は「ファンの方々は心配はされると思うけど、来てくださったファンの方が今度は『ロミジュリ』のファンになってくれたらうれしい」と呼び掛けた。

 舞台は都内、赤坂ACTシアターで2017年1月15日~2月14日、大阪、梅田芸術劇場メインホールで2月22日~3月5日に上演。

(左から)生田絵梨花、大野拓朗、古川雄大、木下晴香

(左から)生田絵梨花、大野拓朗、古川雄大、木下晴香


芸能ニュースNEWS

ファブロー監督、賀来賢人ら日本語版声優を称賛 「キャラクターのスピリットを表現してくれた」

映画2019年7月23日

 映画『ライオン・キング』のジャパンプレミアイベントが22日、東京都内で行われ、来日中のジョン・ファブロー監督、日本版声優の賀来賢人(シンバ役)、江口洋介(スカー役)、門山葉子(ナラ役)ほかが登壇した。  ディズニー・アニメの名作『ライオン … 続きを読む

上白石萌音「座右の銘にしようかな」 演じた起業家のモデルの言葉に感動

映画2019年7月23日

 映画『スタートアップ・ガールズ』の先行上映イベントが22日、東京都内で行われ、ダブル主演の上白石萌音と山崎紘菜がトークショーに登壇した。  2人は2011年の東宝「シンデレラ」オーディションで、共に審査員特別賞を受賞。本作が初共演だったが … 続きを読む

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

ニュース2019年7月22日

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。  この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ … 続きを読む

岸恵子、幼少期の悲惨な戦争体験を告白 清原果耶「同世代の方にも見てほしい」

ドラマ2019年7月22日

 NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~」試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の岸恵子、清原果耶、渡辺美佐子、山口まゆ、伊東四朗が登場した。  本作は、太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)を極めたフィリピン攻防 … 続きを読む

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

トレンド2019年7月22日

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top