演出家が生田絵梨花の“恋愛”についてファンに呼び掛け 「舞台はかりそめのもの。我慢してください」

2016年9月5日 / 18:43

劇中歌を披露した生田絵梨花

 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の制作発表および囲み会見が5日、東京都内で行われ、出演者の古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香、演出の小池修一郎氏ほかが出席した。

 大ヒットを記録したミュージカルが、新たにオーディションで選ばれたキャストと新演出によって4年ぶりの再々演。それぞれダブルキャストで配役され、この日は「世界の王」、「エメ」など5曲を披露した。

 2度目の出演となるロミオ役の古川は「僕自身、新作に挑む気持ちで、また一から、台本に、ロミオに向き合っていきたい」と意気込みを語った。

 同じくロミオを演じる大野は「小池先生演出のこの舞台が世界で一番好きな公演。これまで4年間、ずっとこの舞台に出していただくことを夢見て精進してきました」とあふれる喜びを語った。

 ジュリエット役に挑む生田は「私にとってこの作品は憧れの作品。3年前にこの作品を見て感動と衝撃を受けました。いつかジュリエットをやりたいと思い続けて、今ここに立っていることがうれしいし、まだ不思議な感じがしています」と感慨深げに思いを述べた。

 小池氏が「“絵梨花さま”がね、ずっと芸能界でやっている人は慣れていると思うんだけど、初々しいというか緊張していてびっくりした」と生田の印象を語ると、生田は「全然慣れていないです。普段は大人数なので独り身になると…」と苦笑した。

 さらに小池氏は、ロミオとの恋愛について生田ファンに「大丈夫? 我慢してくださいね。舞台はかりそめのものです」とフォローを入れて笑わせる場面もあり、生田は「ファンの方々は心配はされると思うけど、来てくださったファンの方が今度は『ロミジュリ』のファンになってくれたらうれしい」と呼び掛けた。

 舞台は都内、赤坂ACTシアターで2017年1月15日~2月14日、大阪、梅田芸術劇場メインホールで2月22日~3月5日に上演。

(左から)生田絵梨花、大野拓朗、古川雄大、木下晴香

(左から)生田絵梨花、大野拓朗、古川雄大、木下晴香


芸能ニュースNEWS

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

シム・ウンギョン“初の日本映画”への思いを語る 「この作品がなかったら、今の自分はいない」

映画2021年4月9日

 映画『椿の庭』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の富司純子、シム・ウンギョン、鈴木京香と上田義彦監督が登壇した。  本作は、四季折々の自然とともに親子3世代の心の絆を描いた物語。夫が亡くなった後も長年住み続ける家を守る絹子を … 続きを読む

amazon

page top