笑福亭鶴瓶、大阪弁に大苦戦 「触角切られた昆虫みたいや」

2015年11月12日 / 20:30

ハプニングを乗り越えアフレコを行った笑福亭鶴瓶(右)と木村文乃

 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ取材が12日、東京都内で行われ、日本語ナレーションを務める笑福亭鶴瓶、木村文乃が出席した。

 この作品は、地球の主人公・野生生物の目線で捉えた2万年の物語をドラマチックに描いたネイチャー・ドキュメンタリー。マスコミに向けてのアフレコでは、鶴瓶の番になって機材トラブルが起こるなどのハプニングもあり、「俺の時だけどうなってん。本番の時もあったよね。いじめられてんの?」と笑いを誘った。

 木村は「この(役者の)仕事をやると決めてからずっと憧れていた仕事でした。こんなに素敵で大きいチャンスをいただいて、自分なりに準備してきたけどまさかのイントネーションで苦労するという…」と振り返り、「標準語圏で育っているのに、意外と動物の名前が難しかったです。標準語を意識したことがなく、自由に話していたので」と語った。

 これには鶴瓶も「大阪弁でいいと言うのに、動物の名前、学術用語は大阪弁じゃダメ。いつも台本なんか真っ白なのにぐちゃぐちゃですもん。苦労しましたね」と大きくうなずいて同意した。アフレコでは監督と演出との間で6時間に及ぶバトルが繰り広げられたといい、「その前に3つ仕事をしてきて最後がアフレコで、頭が破裂しそうになった。油断すると次の大阪弁がおかしくなってしまう。触角を切られた昆虫みたいになってましたよ」と明かした。

 苦労の末完成した作品について、鶴瓶は「年齢関係なく見てほしい。子どもらは言葉は関係なく動物の動きを楽しめますからね」とアピールし、木村も「動物というものに対して固定概念のない若い人にこそ見てほしい。師匠のナレーションが優しく寄り添ってくれて、最後に希望のある作品です」と呼びかけた。

 映画は来年1月15日からTOHOシネマズ日劇ほか全国拡大ロードショー。

マスコミ向けにアフレコを行った笑福亭鶴瓶、木村文乃

マスコミ向けにアフレコを行った笑福亭鶴瓶、木村文乃


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「戻りたいのは平成時代」 「小学2年生の自分に食育したい」

2019年9月21日

 アニメ映画『HELLO WORLD』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥と伊藤智彦監督が登壇した。  本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。  劇 … 続きを読む

吉岡里帆「見えない目撃者」に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

映画2019年9月21日

 映画『見えない目撃者』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演の吉岡里帆、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲと森淳一監督が登壇した。  本作は、吉岡演じる視力を失った警察官が“目撃”した、連続猟奇殺人事件の謎に迫るR15指定(15 … 続きを読む

松本穂香、ふくだももこ監督と熱い抱擁 ふくだ監督「これからも、穂香ちゃんと一緒に映画を撮っていられるように」

映画2019年9月21日

 映画『おいしい家族』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎、ふくだももこ監督が登壇した。  本作では、都会の生活に疲れた主人公・橙花(松本)が、母の三 … 続きを読む

上白石萌音、フランス語で歌唱を披露し「ド緊張」 美術展の“音声ガイドナビゲーター”に就任

トレンド2019年9月20日

 「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」の取材会が20日、神奈川県内で行われ、同展の音声ガイドナビゲーターを務める女優の上白石萌音が出席した。 続きを読む

中尾明慶、5歳息子から「パパすごい!」 「怪獣の番組の声、尊敬され鼻が高い」

アニメ2019年9月20日

 NHK Eテレミニアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」の試写会が19日、東京都内で行われ、ナレーションを務めた中尾明慶、声優の久野美咲(ピグちゃん役)、福圓美里(カネちゃん役)、真堂圭(ダダちゃん役)と、キャラクターデザインを手掛けた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top