笑福亭鶴瓶、大阪弁に大苦戦 「触角切られた昆虫みたいや」

2015年11月12日 / 20:30

ハプニングを乗り越えアフレコを行った笑福亭鶴瓶(右)と木村文乃

 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ取材が12日、東京都内で行われ、日本語ナレーションを務める笑福亭鶴瓶、木村文乃が出席した。

 この作品は、地球の主人公・野生生物の目線で捉えた2万年の物語をドラマチックに描いたネイチャー・ドキュメンタリー。マスコミに向けてのアフレコでは、鶴瓶の番になって機材トラブルが起こるなどのハプニングもあり、「俺の時だけどうなってん。本番の時もあったよね。いじめられてんの?」と笑いを誘った。

 木村は「この(役者の)仕事をやると決めてからずっと憧れていた仕事でした。こんなに素敵で大きいチャンスをいただいて、自分なりに準備してきたけどまさかのイントネーションで苦労するという…」と振り返り、「標準語圏で育っているのに、意外と動物の名前が難しかったです。標準語を意識したことがなく、自由に話していたので」と語った。

 これには鶴瓶も「大阪弁でいいと言うのに、動物の名前、学術用語は大阪弁じゃダメ。いつも台本なんか真っ白なのにぐちゃぐちゃですもん。苦労しましたね」と大きくうなずいて同意した。アフレコでは監督と演出との間で6時間に及ぶバトルが繰り広げられたといい、「その前に3つ仕事をしてきて最後がアフレコで、頭が破裂しそうになった。油断すると次の大阪弁がおかしくなってしまう。触角を切られた昆虫みたいになってましたよ」と明かした。

 苦労の末完成した作品について、鶴瓶は「年齢関係なく見てほしい。子どもらは言葉は関係なく動物の動きを楽しめますからね」とアピールし、木村も「動物というものに対して固定概念のない若い人にこそ見てほしい。師匠のナレーションが優しく寄り添ってくれて、最後に希望のある作品です」と呼びかけた。

 映画は来年1月15日からTOHOシネマズ日劇ほか全国拡大ロードショー。

マスコミ向けにアフレコを行った笑福亭鶴瓶、木村文乃

マスコミ向けにアフレコを行った笑福亭鶴瓶、木村文乃


芸能ニュースNEWS

「妻、小学生になる。」涙腺崩壊のストーリーと”万理華”毎田暖乃の演技に反響 「しぐさや話し方や雰囲気を文句なく完コピしている」

ドラマ2022年1月22日

 堤真一が主演するドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)の1話が、21日に放送された。  本作は、10年前に愛妻を亡くし、生きる意味を見失っていた新島圭介(堤)と、娘の麻衣(蒔田彩珠)のもとに、小学生の女の子として生まれ変わった妻の白石万 … 続きを読む

深津絵里「カムカムエヴリバディ」で雉真るい役 「とんでもないものを引き受けてしまったと、今さらドキドキする毎日です」

ドラマ2022年1月22日

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、2代目ヒロインの雉真るいを演じる深津絵里からインタビューコメントが届いた。  るいは、安子(上白石萌音)の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育ったが、ある理由から“自分らしく自由に生き … 続きを読む

佐々木希「カムカムエヴリバディ」で笹川奈々役 「奈々はプロ意識が高く、面倒見がいい女性」

ドラマ2022年1月21日

 深津絵里が2代目ヒロインのるいを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。芸能事務所「笹川プロダクション」の社長令嬢・笹川奈々役の佐々木希からインタビューコメントが届いた。  奈々は、笹川プロダクション主催の関西ジャズコンテスト … 続きを読む

松本潤主演「となりのチカラ」放送スタート「これぞ社会派ホームコメディー」 「新たな潤くんを発見した感じ!」

ドラマ2022年1月21日

 松本潤が主演するドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。  本作は、主人公の中越チカラ(松本)が「人を救いたい」と、人の話を聞き、中途半端に他人の問題に関わり、力になろうと奮闘する、新時代のヒーローを描いた … 続きを読む

有村架純、初共演の森田剛の印象を語る 「その瞳の美しさにハッとさせられました」

映画2022年1月21日

 映画『前科者』公開直前イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、森田剛、磯村勇斗、石橋静河と岸善幸監督が登壇した。  本作は、前科者たちの更生、社会復帰を目指し、保護司が奮闘する姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。  保護司の阿 … 続きを読む

amazon

page top