錦織一清、有志とジャニーズのコラボに期待 「機会があればぜひやりたい」

2016年7月7日 / 19:50

 7月本公演★☆北区AKT STAGE×錦織一清「初級革命講座 飛龍伝」公開舞台稽古および囲み取材が7日、東京都内で行われ、演出を手掛けた錦織一清、劇団代表の逸見輝羊が出席した。

 劇作家・つかこうへいさんの逝去により解散となった北区つかこうへい劇団が、その後劇団員の有志によって★☆北区AKT STAGEとして発足。今回はもっとも信頼の厚い師弟関係にあった錦織が師のDNAを伝えるべく、つか作品の一つである「初級~」と同時上演「あゝ同期の桜」の演出を手掛けることとなった。

 半年間にわたるワークショップを経て劇団を演出した錦織は「僕もこれからつかさんのお芝居をやっていく上で勉強していくことを互いに学んだ、充実感のある日々を送らせてもらった」と振り返り、「けいこ場で見たときもハードな作品だと思っていたけど、さらにハードな作品に仕上がったなという感じ」と仕上がりに手ごたえをのぞかせた。

 逸見は「劇場に入ってやってみると、つかさんの思いがせりふの中に入っているんだとあらためて感じた」といい、錦織の演出を「何より、僕たちはつかさんが亡くなってから5年間必死にやってきたけど、それをちゃんと引き上げてくれる演出家であり先輩、師に代わる方になるんだなと思いました」と信頼感を語った。

 現在、ほかにも演出を手掛けるミュージカル「グレイト・ギャツビー」が上演中だが、「こっちを前倒しで前からやらせていただけたので、スケジュール的にはハードではなかった。商業芝居である『ギャツビー』はおよそ1カ月という開始と締め切りを決められてやりますが、こういった長いスパンで腰をすえてひとつ、ふたつの作品をじっくりつくることができた。そういう経験をさせていただいてうれしかったです」と喜んだ。

 演出家として次に目指すところについて「この作品は3人しか出ませんが、劇団の人たちは40人以上いると聞いたので今度はもっと団体戦のつか作品に挑戦したい」と意気込み、ジャニーズ事務所の若手たちにも「僕以上にお芝居が好きで興味を持っている子がたくさんいるので、コラボレートという形でうちの若い子が出られる機会があれば、やらせていただけるなら、今後ぜひやりたい」と構想を明かして笑わせた。

 舞台は7月7日~10日に東京都内の北とぴあ・つつじホールで上演。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top