平愛梨、ファンキー加藤と共に“謝罪” 「元カレが本当に申し訳ございませんでした」

2016年6月11日 / 16:26

ファンキー加藤(左)と共に頭を下げた平愛梨

 映画『サブイボマスク』の初日舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者のファンキー加藤、平愛梨、小池徹平、温水洋一、いとうあさこ、泉谷しげる、門馬直人監督ほかが登壇した。

 先日、お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣の元妻とのダブル不倫を全面的に認めて謝罪した元FUNKY MONKEY BABYSの加藤。

 この日は、会場に集まったファンから「加藤~」「加藤さ~ん」という温かい声援を受け、登場早々目を潤ませながら「このたびは、お騒がせしてしまい本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪。「そんな中、ご来場いただき、皆さん本当にありがとうございます」と精いっぱい声を張って感謝の思いを伝えた。

 一方、加藤演じる自称コンビニ店員の春雄の元カノを演じた平は、サッカー日本代表DF長友佑都と交際中。「アモーレ」という祝福の歓声を受けながら、「このたびは、“元カレ”の加藤が本当に申し訳ございませんでした」と加藤の背中を抱えて共に謝罪。

 笑いと大きな拍手が起きる中「少しの時間ではありますが、こうして皆さんと一緒に立てたことを本当にうれしく思います。そしてまた初日にこうして、会場に来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。この映画を愛してください」と呼び掛けた。

 カメラのフラッシュを浴び続ける二人を見て、泉谷は「いいな~、二人共、話題があって」とボヤきつつ、隣のいとうに「俺らも話題を作ろうよ」と冗談を飛ばした。

 熱過ぎる魂を持った男が“町おこし”ならぬ“人おこし”で町に活気を取り戻すという本作の内容にちなみ、自身の“熱血部分”を問われた泉谷は「相棒がスキャンダルにまみれた時に、救ってあげようかなと、そんな感じですかね。イジり倒してね。やっぱり一緒に飯を食った仲間ですから」と男気たっぷりに語り、これを聞いた加藤は頭を下げた。

 劇中で春雄と謎の熱血シンガー「サブイボマスク」を演じた加藤は、自身の“熱い部分”について「僕は、特にステージ上でライブをする時などは、結構熱くなりがちなんですが、今回春雄を演じて、もっともっと熱い男でありたいなと思いました。僕の憧れの理想像が春雄。10年、20年、30年後、さらにそんな男になりたいと思っています」と語った。

 マスコミによるフォトセッション時には「加藤、笑え」と客席から声援が飛び、加藤は「笑っているけど、ちょっと引きつっちゃうの。一生懸命笑うから」と苦笑いで応えた。

 また報道陣から平に「アモーレはこの映画を見に来てくれますか?」「プロポーズはされましたか?」という質問が飛んだが、無言で会場を後にした。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top