勝地涼、山崎努との共演に感謝 「ちょっとビビった部分もあったけど」

2016年5月30日 / 14:12

勝地涼(左)と瀧本美織

 愛媛発地域ドラマ「“くたばれ”坊っちゃん」の完成披露試写会が30日、東京都内で行われ、出演者の勝地涼、瀧本美織ほかが登壇した。

 ドラマの主人公は、10年ぶりに生まれ故郷の松山に戻ってきた矢崎純平(勝地)。純平は、小説『坊っちゃん』で坊っちゃんに成敗された赤シャツの孫として、幼いころから白い目で見られ続けたこの街を恨んでいた。そんな純平が、道後に向かう路面電車の中である老人(山崎努)と出会う。

 今回は松山でオールロケを実施。ほとんど毎日が撮影だったという勝地は「休みは1日ぐらいだったけど、海鮮がとにかくおいしかった。温泉は残念ながら入れなかったのでまた行きたい」と笑顔を浮かべた。

 瀧本も「温泉に入れなかったことをすごく悔やんでいますが、毎日おいしい物を頂いていた。やっぱり海の幸ですよね。松山は最高です」と松山の食に魅了された様子だった。

 また、共演した山崎の印象について問われた勝地は「とにかくほとんどのシーンが2人だった。休憩中も2人きりで、正直、ちょっとビビった部分もあったけど、ここは果敢に攻めようと、若いころや黒澤(明監督)組の時の話を聞かせていただいたりしました」とエピソードを披露。

 「聞いたら答えてくださって。それ以外の時は、本当にずっと役のこと、台本のことを話されていて、“本当に演じることが好きなんだな”と。ご一緒できたことを本当に感謝しています」と振り返った。

 また「山崎さんはやはり厳しい方でもあるけど、その厳しさは作品のため。僕も結構、うまくいかなくて(周りと)ぶつかり合うこともあるけれど、それでも、山崎さんのように役や作品について一生懸命考えれば、どれだけぶつかり合ったとしても、出来上がった時に“良かった”と思えるんだなと感じた。これからも役を突き詰めて、作品を愛し続けるようにものづくりをしていきたい」と気持ちを新たにした。

 瀧本も、山崎について「発せられるせりふも、せりふとは思えないぐらい真実味があるというか、言葉一つ一つに重みがあった。そこに立っているだけで、絵になる、絵に深みが出る方で、とても尊敬する役者さんです」と語った。

 ドラマはNHK・BSプレミアムで6月22日、午後10時~10時59分に放送。


芸能ニュースNEWS

小池栄子「叱ったり、ほっぺたをつねったりしている」 タモリへのドS対応にTOKIOが仰天

テレビ2020年8月6日

 女優の小池栄子が、5日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演した。  番組では、ダウンタウンの松本人志やタモリ、作家の村上龍氏など、数々の大物著名人と共演してきた小池が、プライベートの交遊録を語る場面があっ … 続きを読む

水卜麻美、最近痩せた理由を告白 「今のうちに“太りしろ”を作っている」

テレビ2020年8月5日

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑いタレントの加藤浩次ほかが、4日放送のバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)に出演。朝の情報番組「スッキリ」(同)のスタッフが、加藤らMC陣の“裏の顔”を告発した。  番組ス … 続きを読む

二宮和也「嵐の“推しメン”は大野さん」 「歌っていないときに休む癖がある」

イベント2020年8月5日

 「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」が5日、東京都内で行われ、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出席した。  ソフトバンクは、臨場感あふれる視聴体験を実現する新コンテンツサービス「5G LAB」を発表。その一 … 続きを読む

浜辺美波、理想は「好きな男の子に写真を撮ってもらうシーン」 北村匠海「女子会感に付いていけない」

映画2020年8月5日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公開直前生配信イベントが4日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、ゲストとしてYouTuberのエミリンが出席した。  男女4人の高校生の恋愛模様を描いた本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で … 続きを読む

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」

ドラマ2020年8月5日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第5話が4日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き … 続きを読む

page top