松岡茉優「何度か泣きそうになった」 桐谷健太の愛のある「ばか」に感激

2016年5月20日 / 17:15

松岡茉優(左)と桐谷健太

 NHK・ドラマ10「水族館ガール」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の松岡茉優、桐谷健太、伊東四朗が登壇した。

 水族館を舞台とした本作は、“新米”飼育員・嶋由香(松岡)と先輩の梶良平(桐谷)が生き物と悪戦苦闘しながら成長していく様子を描く。

 劇中では、梶が仕事で失敗を重ねる由香に対して「ばか!」と怒鳴るシーンが多く、桐谷は「とにかく『ばか』って言いまくっている。ここまで、プライベートで人を罵倒することはないですから、そういう意味では役者冥利(みょうり)に尽きますね」と笑顔を見せた。

 そんな2人の関係にも変化が起こるようで、桐谷は「だんだん『ばか』のニュアンスが変わってくる。最初はキレている『ばか』なんですが、だんだんと丸みを帯びたものになり、“いいんだよ。おまえのそこが好きなんだよ”というものに変わってくる」と解説。

 これに対して松岡は「そう。3話ぐらいから(梶の)優しい『ばか』に泣きそうになった。今まで“つぶすぞ!”みたいな感じでガンガン言われていたのが、途中から怒鳴られつつも愛を感じるようになって、何度か泣きそうになりました。うれしぃ~!って…」と由香と自分とを重ね合わせた。

 ドラマには、イルカの調教シーンも登場。撮影の1、2カ月前から週に1回ほど練習を重ねてきたという松岡は「最初はイルカに試すような目で見られたんです。『おまえは誰だ?』と部外者扱い。でも、それが触れ合う中で『また来たの?』となって、最近では『遊んでよ!』みたいな…」とイルカの変化を笑顔で報告。

 桐谷も「練習を通じて顔を覚えてくれたし(自分の指示で)跳んでくれるようになった」としながらも、「1回、ピリピリとしたシーンの撮影後に、気が立ったまま練習に行ったら、『おまえ、何かいつもとちゃうな?』という感じで近付いてくれなかった」とエピソードを披露。「イルカは人の心を読むのに長けている動物。器の大きい、柔らかい自分で接さないと駄目だなと思った」と苦笑いで振り返った。

 ドラマは6月17日午後10時からNHK総合で毎週金曜日に放送。

(左から)伊東四朗、松岡茉優、桐谷健太

(左から)伊東四朗、松岡茉優、桐谷健太


芸能ニュースNEWS

新メンノンモデル、沢村一樹の長男・野村大貴らを選出 成田凌、沢尻エリカ逮捕の質問にはノーコメント

イベント2019年11月18日

 「第34回 新メンズノンノモデル発表式」が18日、東京都内で行われ、俳優でメンズノンノモデルの成田凌、清原翔、宮沢氷魚、鈴木仁ほかが登場した。  これまで、田辺誠一、東出昌大、坂口健太郎を輩出するなど、人気俳優の登竜門となっている雑誌『メ … 続きを読む

大和田伸也、神様役は「清らかな心で臨んだ」 仕事のモットーは「面白いことを一生懸命やる」

トレンド2019年11月18日

 「聴くドラマ聖書」アプリ記者発表会が18日、東京都内で行われ、収録に参加した俳優の大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士、六平直政が出席した。 続きを読む

本田礼生「クリスマスを感じる理想のエンタメ」 THE CONVOY SHOW「ONE!」

舞台・ミュージカル2019年11月18日

 12月14日から上演されるTHE CONVOY SHOW vol.38「ONE!」に出演する本田礼生、加藤良輔、高橋駿一が公演への思いを語った。  本作は、昨年上演された「THE CONVOY SHOW vol.36「ONE!」の再演。主 … 続きを読む

土村芳「私は何人の女性を敵に回しているんだろう」 深田晃司監督の連続ドラマで難役に挑戦

映画2019年11月18日

 ドラマ「本気のしるし」のクラウドファンディングのコレクター向け上映イベントが16日、東京都内で行われ、ヒロインの葉山浮世を演じている土村芳と深田晃司監督が上映後にトークショーを行った。  本作は、『淵に立つ』(16)、『よこがお』(19) … 続きを読む

ウサイン・ボルト「東京五輪をファンとして楽しみたい」 「常にベストを尽くし、ビジネスの世界でも成功を」

トレンド2019年11月15日

 陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏が、創始者の一人であり、ブランド・アンバサダーも務める「BOLT Mobility」の「日本ローンチ発表会」が15日、東京都内で行われ、ボルト氏本人が出席した。 続きを読む

page top