乃木坂46生駒里奈、欅坂46の人気に驚き YouTube再生回数「あやかりたい」

2016年5月12日 / 21:28

欅坂46の人気ぶりに驚いたという生駒里奈

 人気ギャグ漫画の舞台化第2弾「じょしらく弐~時かけそば~」の囲み取材および公開ゲネプロが12日、東京都内で行われ、乃木坂46の出演メンバー15人が出席した。

 主人公のかわいい女子落語家たちの寄席での楽屋の様子を描く本作では、15人が“チームら”、“チームく”、“チームご”の3チームに分かれ、5人の登場人物をトリプルキャストで演じる。

 チームらで空琉美遊亭丸京(くうるびゆうていがんきょう)を演じる初参加の生駒里奈は「なぜ丸京がやりたかったかというと、髪の毛の色が奇抜だったから選びました」と正直に明かして笑いを誘いながらも、けいこを経てキャラクターが好きになったと言い、「見ている人に生駒ちゃんらしい、でも丸京だと思ってもらえるように、一瞬でも楽しいと思ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

 防波亭手寅(ぼうはていてとら)役の松村沙友理は「手寅ちゃんはいろいろなことに巻き込まれながらも楽しく生きている女の子で、このお話の主人公です。主人公だから選びました」と自信たっぷりに胸を張り、「主人公だけどあまりみんなに信じてもらえないので、今回の舞台で主人公感が出せたらいいなと思います」と使命感をのぞかせた。

 また、「笑点」で桂歌丸の後任司会に立候補できそうなメンバーを問われると、生駒が「急にレベルの違う話。コメントするのもおこがましいです。私たちは『じょしらく』の世界の中で頑張りたい」と苦笑した。

 さらに乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾となる欅坂46の人気ぶりについては、デビュー曲「サイレントマジョリティー」が「YouTubeで『制服のマネキン』のミュージックビデオの再生回数を超えたって。すげーなと思いました。個人的に人気にあやかりたい」と素直な驚きを語っていた。

 舞台は5月12日~22日にAiiA 2.5Theater Tokyoで上演。

「主人公は私」と猛アピールした松村沙友理

「主人公は私」と猛アピールした松村沙友理


芸能ニュースNEWS

浜辺美波“学生たちの青春写真”に涙 「もっと楽しんでおけばよかった」

映画2020年8月14日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が出席した。  本作は、男女4人の高校生の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。  劇中に登場する夏祭 … 続きを読む

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

ドラマ2020年8月14日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族 … 続きを読む

長澤まさみ「まさか。本当にうれしい」 映画『コンフィデンスマンJP』第3弾製作決定

映画2020年8月14日

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、関水渚、ジャッキーちゃんと田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで出演した。  本作は、コンフィデンス … 続きを読む

観月ありさ、ヤンキーに絡まれた中学時代を回顧 「『おまえ、放課後に時計台に来いよ』とか…」

テレビ2020年8月13日

 女優の観月ありさ、鈴木蘭々が12日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「〇〇な練馬女」をテーマにトークを展開した。  練馬区の大泉学園に住んでいたという観月は、中学時代を振り返り、「ヤンキーが多かっ … 続きを読む

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が、12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に … 続きを読む

page top