乃木坂46生駒里奈、欅坂46の人気に驚き YouTube再生回数「あやかりたい」

2016年5月12日 / 21:28

欅坂46の人気ぶりに驚いたという生駒里奈

 人気ギャグ漫画の舞台化第2弾「じょしらく弐~時かけそば~」の囲み取材および公開ゲネプロが12日、東京都内で行われ、乃木坂46の出演メンバー15人が出席した。

 主人公のかわいい女子落語家たちの寄席での楽屋の様子を描く本作では、15人が“チームら”、“チームく”、“チームご”の3チームに分かれ、5人の登場人物をトリプルキャストで演じる。

 チームらで空琉美遊亭丸京(くうるびゆうていがんきょう)を演じる初参加の生駒里奈は「なぜ丸京がやりたかったかというと、髪の毛の色が奇抜だったから選びました」と正直に明かして笑いを誘いながらも、けいこを経てキャラクターが好きになったと言い、「見ている人に生駒ちゃんらしい、でも丸京だと思ってもらえるように、一瞬でも楽しいと思ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

 防波亭手寅(ぼうはていてとら)役の松村沙友理は「手寅ちゃんはいろいろなことに巻き込まれながらも楽しく生きている女の子で、このお話の主人公です。主人公だから選びました」と自信たっぷりに胸を張り、「主人公だけどあまりみんなに信じてもらえないので、今回の舞台で主人公感が出せたらいいなと思います」と使命感をのぞかせた。

 また、「笑点」で桂歌丸の後任司会に立候補できそうなメンバーを問われると、生駒が「急にレベルの違う話。コメントするのもおこがましいです。私たちは『じょしらく』の世界の中で頑張りたい」と苦笑した。

 さらに乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾となる欅坂46の人気ぶりについては、デビュー曲「サイレントマジョリティー」が「YouTubeで『制服のマネキン』のミュージックビデオの再生回数を超えたって。すげーなと思いました。個人的に人気にあやかりたい」と素直な驚きを語っていた。

 舞台は5月12日~22日にAiiA 2.5Theater Tokyoで上演。

「主人公は私」と猛アピールした松村沙友理

「主人公は私」と猛アピールした松村沙友理


芸能ニュースNEWS

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

Willfriends

page top