綾瀬はるか、鈴木梨央の成長に驚き 壇蜜「まさかの2人の子持ち役」

2016年4月8日 / 15:52

用心棒バルサ役の綾瀬はるか

 NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 シーズン2」の出演者発表会見が8日、東京都内で行われ、主演の綾瀬はるかのほか、新キャストとして板垣瑞生、鈴木梨央、壇蜜、鈴木亮平、真木よう子、柄本明が出席した。

 ドラマは上橋菜穂子氏のファンタジー小説が原作。短槍(たんそう)を武器に戦う女性用心棒のバルサ(綾瀬)と新ヨゴ皇国の王子チャグムの冒険を描いたもので、シーズン2では舞台を森から“草原と大海原”に移動。別れ別れになったバルサとチャグムを軸に国境を超えた壮大なドラマが展開する。

 成長したチャグムを演じる板垣は「周りがそうそうたる方ばかりで困惑、緊張しているのですが、このドラマを通して新ヨゴ国を守れる男に成長できたら」と意気込みを語り、バルサが用心棒となって守る少女アスラを演じる梨央ちゃんも「アスラという役は今まで演じたことのない役。自分なりに研究しながら一生懸命演じたい」と抱負を語った。

 また「綾瀬さんは私の憧れの女優さんなので、共演できるのがとってもうれしいし楽しみです」と話した梨央ちゃん。綾瀬も「2回ほど、同じ人物の子どもと大人を演じたことがあるけど、しっかりと一緒にお芝居をしたことがなかったので楽しみです」と共演を喜び、「綾瀬さんは、スタッフさんや共演者の皆さんに笑顔を届けている女優さん。私もいつか綾瀬さんみたいになれたら」と語る梨央ちゃんの言葉に、照れ笑いを浮かべた。

 さらに綾瀬は、梨央ちゃんについて「大河ドラマの『八重の桜』の時よりも、身長が伸びている感じで顔つきもよりキリッとした印象。話してみるとすごく大人っぽくって、年下の子と話している感じがしない」とその成長に驚いた様子。梨央ちゃんは「身長は20センチぐらい伸びて138センチになりました」と笑顔で報告した。

 一方、そんな梨央ちゃん演じるアスラの母トリーシアを演じる壇蜜は「まさかの2人の子持ち役、そしてまさかの初めに処刑される役。宿命に翻弄(ほんろう)される女性ということで、現在生きている“訳あり感”を求められるだけ発揮できるように善処したい」と語り、また「特殊メークで自慢の眉毛が無くなるそうです。それをちょっと楽しみにしてます」とほほ笑んだ。

 このほかにもディーン・フジオカ、橋本さとし、品川徹、伊武雅刀、渡辺えり、岩崎う大(かもめんたる)、織田梨沙、小市慢太郎が出演することが発表された。

 「精霊の守り人」はNHK総合で9日、午後9時からシーズン1の最終回を放送。シーズン2は2017年1月から全9回で放送する。

(左から)壇蜜、鈴木亮平、板垣瑞生、綾瀬はるか、鈴木梨央、真木よう子、柄本明

(左から)壇蜜、鈴木亮平、板垣瑞生、綾瀬はるか、鈴木梨央、真木よう子、柄本明


芸能ニュースNEWS

川口春奈「今までもらった中で一番うれしい」 誕生日サプライズに「テンションが上がってる」

トレンド2020年1月29日

 ネイル予約アプリ「ネイリー」新CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された女優の川口春奈が登場した。 続きを読む

欅坂46菅井友香「新たな姿をどんどん見せていきたい」 平手友梨奈らの脱退・卒業は「申し訳ない」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 舞台「飛龍伝2020」囲み取材が29日、東京都内で行われ、出演者の菅井友香(欅坂46)、石田明、味方良介ほかが登壇した。  本作は、つかこうへいの代表作。これまで富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子ら、名だたる女優たちが演じ … 続きを読む

市川海老蔵、歌舞伎とオペラの融合舞台で主演 「海老蔵として務め切りたい」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の公演概要発表会が29日、東京都内で行われ、主演の市川海老蔵が出席した。  本公演は「東京2020NIPPONフェスティバル」の最初の主催プログラムとして開催される … 続きを読む

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

page top