松田龍平、柄本明との親子役での苦労を語る 「すごくやりづらかった」

2016年3月29日 / 19:06

松田龍平(左)と柄本明

 映画『モヒカン故郷に帰る』の東京プレミア上映会が29日、東京都内で行われ、出演者の松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大と沖田修一監督、花束プレゼンターとして小柴亮太が出席した。

 本作は、恋人との結婚報告のため7年ぶりに故郷・広島へ帰ったモヒカン頭の売れないバンドマン永吉(松田)が、末期がんの父親(柄本)の願いをかなえるべく一家総出で奮闘する現代版ホームドラマ。

 松田との親子役について柄本は「いずれ龍平くんとは親子の役をやるだろうな、なんてことは考えていなかったのですが…」と苦笑したが、違和感なく演じられたという。

 一方、松田は「柄本さんとやれて本当に幸せでした。すごくやりづらかったのですが、それが父と息子の複雑な関係性や雰囲気として出ていたんじゃないかと思います。とにかく大先輩です」と正直な思いを明かして笑いを誘った。

 もたいと嫁、しゅうとめの関係を演じた前田は「まさこ様はとても格好いいので、現場でも私たち若者をウェルカムに受け止めてくれました。その胸に飛び込んでいった感じです」と笑顔で語った。

 もたいも「結婚のあいさつに来る話ですが、映画の上でも普段過ごしている時もどんどん好きになりました。理想かどうかは分からないけど、私にとってはすごくかわいいお嫁さんでした。本当に大好き」と仲の良いところを見せた。

 また、松田との初の夫婦役について前田が「客観的に見て、今回の永吉はすごく龍平さんの素に近いのではないかと思います。自分の言ったことにへらへら笑うところがかわいいと思いました」と振り返ると、松田は前田ともたいによる嫁、しゅうとめのシーンを「嫁、しゅうとめの空気感というか、永吉に見せない顔を見られたなと思って。そのシーンがお気に入りです」とうれしそうに明かした。

 映画は4月9日からテアトル新宿ほか全国拡大公開。

(左から)沖田修一監督、前田敦子、松田龍平、柄本明、もたいまさこ、千葉雄大、小柴亮太

(左から)沖田修一監督、前田敦子、松田龍平、柄本明、もたいまさこ、千葉雄大、小柴亮太


芸能ニュースNEWS

飯豊まりえ、理想の男性は「根が明るい人」 ハロウィーンの仮装は「魔法使いがいい」

トレンド2019年10月16日

 「UMAJO SPOT in Cat Street」オープニングイベントが16日、東京都内で行われ、女優の飯豊まりえが出席した。 続きを読む

出川哲朗、ベストジーニスト受賞に驚き 「交わることは永遠にないと思っていた」

授賞式2019年10月15日

 第36回「ベストジーニスト2019」発表会が15日、東京都内で行われ、「協議会選出部門」でタレントの出川哲朗、女優の長谷川京子、アーティストのE-girlsが選出された。  出川は、テレビ東京系の旅バラエティー番組「出川哲朗の充電させても … 続きを読む

杉浦太陽「奥さんの笑顔を大事にしてる」 ノンスタ石田「娘が生まれてから幸せしかない」

トレンド2019年10月15日

 「第9回 イクメンオブザイヤー2019授賞式」が15日、東京都内で行われ、受賞者でタレントの杉浦太陽、お笑い芸人の石田明(NON STYLE)、山根良顕(アンガールズ)ほかが登場した。 続きを読む

中島裕翔「感慨無量です」 ベストジーニストV3で殿堂入り

授賞式2019年10月15日

 第36回「ベストジーニスト2019」発表会が15日、東京都内で行われ、全国からの一般投票で選ばれる「一般選出部門」の「男性部門」にタレントの中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、「女性部門」に女優の山本美月が選出された。  12万6853 … 続きを読む

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top