広瀬すず“キネ旬”新人女優賞を受賞 「お姉ちゃんたちとの出会いが大きかった」

2016年2月13日 / 19:38
新人賞を受賞した広瀬すず

新人賞を受賞した広瀬すず

 「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が13日、東京都内で行われ、受賞者の深津絵里、二宮和也、本木雅弘、広瀬すず、篠原篤、橋口亮輔監督ほかが登壇した。

 同賞は1919年に創刊された映画雑誌『キネマ旬報』が1924年度から発表している映画賞。

 新人賞は『海街diary』(是枝裕和監督)で四女をみずみずしく演じた広瀬に贈られた。広瀬は、「とても大きな賞を贈っていただき本当にありがとうございます」と喜びのあいさつを。

 「こうした大きな舞台に立つことはすごく不思議な感覚」としたうえで、「日々『海街diary』という作品への思いがどんどん強くなってきています。監督や(共演した)お姉ちゃんたち(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)に出会えたことがすごく自分の人生にとって大きかったなと毎日あらためて感じていて…。これからもっともっといろんな映画に染まり、お姉ちゃんたちの背中を見て、またこういった所に帰ってこられるように頑張りたいなと思っております」と言葉に力を込めた。

 また、台本無しでせりふが口頭で伝えられるという撮影スタイルだったため「クランクインしても映画の内容がよく分からず、オールアップしてもよく分からず…。完成して(初めて)“あっ、こういう映画なんだ”と思いました」と苦笑い。だが「お芝居をしている感覚が本当になくて、不思議なんですが自分にとっていい意味で緊張せず、そのままの気持ちで現場にいることができました」と振り返り「感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。

 また、撮影後も是枝監督と会う機会があるという広瀬は「最近、ネイルをしたりしているのですが、『また色気づいちゃって』、『大人っぽくなっちゃって』などと言われてます」と監督からの突っ込みを明かし、会場の笑いを誘った。

「第89回キネマ旬報ベスト・テン」の主な受賞者は以下の通り。

日本映画監督賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
日本映画脚本賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
主演男優賞:二宮和也『母と暮せば』
主演女優賞:深津絵里『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』
助演男優賞:本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞:黒木華『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
新人女優賞:広瀬すず『海街diary』
新人男優賞:篠原篤『恋人たち』
外国映画監督賞:ジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


芸能ニュース

過去のアルバイト生活を明かした川上大輔

“たまゆらの貴公子”川上大輔 デビュー果たすまでには新聞配達、電話オペレーターも

イベント2017年4月27日

 「2017年 海外ドラマの日」共同記者発表イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして、歌謡界の新星として注目を集める歌手の川上大輔が出席した。  海外ドラマの普及に務める“海外ドラマ・プレゼンター”に就任した川上は「こんな大役を任せ … 続きを読む

ACUO

オリラジ中田CEOが“超難関”指令 RADIO FISH新曲MV内でキャンペーン

ネットカルチャー2017年4月27日

 ロッテの“息をデザインする”ガム「ACUO(アクオ)」とタイアップを行っている、RADIO FISHの新曲「進化論」ミュージックビデオ内でのシークレットキャンペーン「キミは私の金庫を開けられるか?」が、いま密かな盛り上がりを見せている。 … 続きを読む

舞台「23階の笑い」に出演する立花瑠菜

錦織一清「『ラ・ラ・ランド』みたい」と猛アピール! 演出作「23階の笑い」がスピード再演

舞台・ミュージカル2017年4月27日

 舞台「23階の笑い」公開ゲネプロ&囲み取材が27日に東京都内で行われ、演出の錦織一清、キャストのふぉ~ゆ~(福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介)、 シソンヌ(長谷川忍、じろう)、立花瑠菜、入山法子、なだぎ武が登場した。  本作は、アメ … 続きを読む

 海外ドラマ・プレゼンターに就任した川上大輔

“歌謡界の新星”川上大輔、海外ドラマをPR 大役に笑顔「とりあえず親に自慢します」

トレンド2017年4月27日

 「2017年 海外ドラマの日」共同記者発表イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして、歌謡界の新星として注目を集める歌手の川上大輔が出席した。 続きを読む

ヒョウ柄パンツで13キロのダイエットを宣言したとにかく明るい安村

とにかく明るい安村、再起かけて13キロ減量宣言も はき慣れないパンツに「出ちゃう! 危ない!」

イベント2017年4月27日

 映画『ビニー/信じる男』応援隊長就任イベントが27日、東京都内で行われ、とにかく明るい安村が出席した。  伝説のボクサー、ビニー・パジェンサの実話をもとにしたこの作品では、交通事故で首を骨折し瀕死の重症を負ったビニーの復活劇も描かれる。「 … 続きを読む

more
page top